「青南」3月号を見せていただいた。
今月の初めに亡くなられた清水房雄さんの詠草がある。
「さよなら、皆さん」という詞書きがついた8首。
死期を予期していたのだろうか。
少し紹介する。

・歌一首作るにいたく苦しみしあの苦しみが今もなつかし
・八十余年の作歌歴をば何とする統べては虚し何もかも皆
・「アララギ」終末期の苦しみは何時になりても忘れざる儘
・漢学者にも剣客にも作歌者にも何にも吾の成りそこねたる
・斯んな歌を残してお別れするなんて何とも悲しい事なのですねえ

3首目、あの苦しみの時期を誰も書かないままになってしまうのだろうか。
誰か書いてほしい。もう後10年ほどで書ける人もいなくなってしまうだろう。
4首目、こんなふうに言われてしまうと、ぼくなんか何だという感じ。
享年101歳。
歌壇の巨星墜つというべきだろう。

なお、「編集室たより」によれば、次号以降も清水さんの歌は掲載されるとのこと。
三月分ほどが預けてあったようだ。
これもすごいことだ。
pagetop

淑徳短歌会

2017/03/23

毎日文化センターの講義を終えた後、
淑徳短歌会の三月例会に出掛ける。
出席者は、6名。
そのうち、淑徳短歌会はなんと2名。
ゲストが2名。
塔短歌会の廣野くんと未来短歌会の森本くん。
そして、顧問の森井マスミさんと小生。
人数は少なかったが、密度のある歌会だった。
歌会後は、すぐ帰途に着く。
若者たちは、昼の懇親会ということで、
いずこかへ向かった。
カラオケという話もあったが、
確か淑徳周辺には、カラオケはなかったのでは。
帰りのバスと地下鉄はすいていた。
しかし、4月になると、すし詰め満員状態になってしまう。
春休みも20日を切ってしまった。
新年度はどうなることやら。
pagetop

忙しい

2017/03/20

3月11日 「灯船」4号批評会 東京
3月12日 金雀枝短歌社 90周年記念大会講演 桑名
3月15日 朝日カルチャー 名古屋
3月18日 某結社歌会見学 京都
3月19日 コスモス短歌会愛知支部 歌会 名古屋

そして、今日は。
pagetop
「現代短歌新聞」3月号が届く。
15頁のお知らせを見て、少し驚く。
値上げするとのこと。
現行は、1年分1300円。
4月号から、1年分2900円。
倍以上の値上げになる。
ちょっと唐突かなと思う。
短歌ジャーナリズムも曲がり角にきているのかもしれない。
この業界の方から漏れ来る話からしても
曲がり角に来ているなと思う。

ところで、一面で光森さんが、
青空文庫について語っている。
著作権の切れた著作のデータ入力をして、
誰でも無料で読めるようにしているのが
青空文庫だが、
どうも近代の歌集については、順調に作業が進んでいないようだ。
データ入力はできても、校正ができる人が少ないからとのこと。
確かに校正をボランティアで行うのはきつい。
校正はどれだけしてもそこで終わりということがないからだと思う。
有料ならそこの気構えが少しは違うが、
ボランティアというのは、気持ちの問題がからむから、
なかなか上手くいかないのではなかろうか。
pagetop
理由あって「コスモス」の1984年12月号を開いてみた。
「宇宙の花」に、なぜかぼくの歌が取られていてびっくり。
その当時は気付かなかったのでは。
その当時のぼくの所属欄は「その二」。
つまり、入会後10年以上経っているのに、
昇級していないのだ。
ぼくより遅れて入会したHさんは、
この当時すでに「その一」だから、
何とも遅い。
しかし、欠詠が長く続いたから仕方ない。
ただこの当時の歌を読むと、
欠詠していなくても、昇級は無理ではなかったかと想う。
さて、本題は、宮柊二先生の「選者小言」の内容。
こんなことが書いてあってびっくりした。

「十一月号コスモス出詠者は、二九六九名。
八月号、九月号は三〇〇〇名以上だったので
少々残念だ。来年は一人のこらず無欠詠でが
んばろう。」

こんな時代があったのだ。
pagetop

読み間違い

2017/02/28

みよし短歌会に出席した。
出詠歌にこんな歌があった。

・どの枝を切るか思案の空鋏結果の様子を思い浮かべて

この歌の四句を「切られし後を」と添削してしまった。
これがとんでもない読み間違い。
この歌は、柿の枝の剪定の歌だったのだ。
だから、「結果」は、この歌の場合、
全然違う意味になる。
ただ、何の木の剪定をしているかが分からないので、
ぼくの読みもやむをえないかなとは思う。
いや、甘いかな。
それで、「結果」の意味を知った後、
「柿の結果のさまを想いて」と添削してみた。
どうかな。
ついでに言えば、「空鋏」という言葉も
今回初めて知った。
大変勉強になった歌会だった。
こういう収穫があるから、
歌会はやめられない。
pagetop
昨日、東京から六花書林の宇田川さんが
打ち合わせがあって、名古屋へ来たついでに、
一緒に酒を飲んだのだが、
その時に、またしてもぼくがうっかり者だという
ことを痛切に思い知らされた話題があった。
19日に、郡上の古今伝授の里で、
第三回の短歌道場が開催され、
ぼくも審判員の一員として参加した。
その時に、やけに愉しそうに、各チームの対抗戦を
眺めている女性がいた。
ぼくは誰なのだろう、郡上の関係者には、
確かこの女性はいなかったよなと思いつつ、
結局そのままにしていた。
どこかで見たことのある人だなあと思ったのだが。
それ以上追及しなかった。
ところが、宇田川さんと郡上の話をしている時に、
石川美南さんも出場メンバーではないけれども、
郡上に観戦に出掛けていたよと知らされて、愕然。
そうか、あの女性は、石川さんだったんだと気付いてしまった。
石川さんなら、いろいろお礼を言わなくてはならないのに、
何と絶好のチャンスを自らの迂闊さで逃してしまったのだ。
石井くんか小塩さんに「あの人、誰」と聞けばよかったのだ。
本当に迂闊だった。
ところで、「pool」という雑誌は、どうなったのだろう。
終刊という話は聞かない。
でも、しばらく出ていない。
pagetop
名古屋市短歌会館短歌大会表彰式が
2月25日に短歌会館であります。
午前10時からです。
内容は、表彰と講評と講演。
講演は、先日の中部日本歌人会60周年記念行事で、
「中部日本歌人会60周年歌論賞」を受賞した
杉森多佳子さんが行います。
もちろん受賞評論にそった内容です。
岡井隆と鳥居というきわめて対照的な歌人を、
「ふるさと」というキーワードをもとにして書いた
歌論でしたが、その内容にそいつつ講演をして
いただけるとのことです。
なお、参加費は無料です。
どうぞ、お出かけください。
pagetop

昨日は

2017/02/13

昨日は、12時間以上、名古屋市の中区近辺にいた。
10時から、名古屋市短歌会館で中日歌人会の役員会。
60周年の行事を無事成功裡に終えることができたが、
懸案事項が山積しているので、その審議に時間をかける。
終了後、昼食を取lいに行く。
その後、短歌会館に引き返し、
中日歌人会の定例歌会に出る。
いや、正確に言うと、出ざるをえない。
何せ歌会の司会担当だから。
相方は、「まひる野」の広坂早苗さん。
よくコンビを組んでいるので、互いに気を遣わない。
司会同士が互いに気を遣っている歌会は、
出席者のほうがきっと疲れるはずだ。
4時過ぎに終了。
当然と言えば、当然であるが、
それぞれ自分の所属する結社で研鑽を積んできているので、
いい歌が多い。上手い歌が多い。
ぼくなどは到底かなわない。
その証拠に、ぼくの歌は、0票。
因みに最高得点はこの歌。

・モノクロームこそ冬の景、初めてのたぶん最後の駅に降り立つ

次点はこの歌。

・白菜かおさなごかよくわからぬもの前籠に入れおみなは走る

作者は、司会の広坂さん。

歌会終了後、Kくんたちと一緒に、
駅前のジュンク堂の近くにある飲み屋に行く。
3時間ほどいて別れる。
ということで、名古屋市中区近辺に12時間近くいた。


pagetop
「塔」2月号が届く。
某カルチャーセンターのぼくの受講生が、
塔短歌会に入会し、2月号に最初の投稿が掲載されると
聞いていたので、早速探してみた。
「塔」の場合、入会一年目の選歌欄があるので、
探すのは簡単だ。
ところが、アイウエオ順になっているので、
すぐに見つかると思ったが、ない。
あれっ、投稿していないかなと思ったが、
念のためにと思って、
若葉集の選歌欄の巻頭を見た。
何とあるではないか。
初回から巻頭とはやるではないかと感心。
そして、たいした指導はしていないが、
自分の受講生の快挙に嬉しくなった。
要するに単純なんだな。

ところで、「編集後記」の前田康子さんの記述も
嬉しく読んだ。
こう書いてある。

「知り合いが飼っているヌマエビをくれると言う。
(高野公彦氏も飼ってるらしい)楽しみだ。名前は
何にしよう。」

確かに高野さんはヌマエビを飼っている。
育て方がうまいのか、かなり増えたと聞いている。
でも、今何匹いるかは知らない。
今度お会いした時に聞いてみよう。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -