講演の案内

2017/09/20

11月5日に名古屋の朝日カルチャーセンターで
講演を行います。
題は「歌を愛し、人を愛して」という、ちょっとかっこいい題。
高野さんや佐藤通雅さんとの出会いと、
その作品について語りたいと思っています。
午後1時15分から2時45分です。
それで、心配しているのは、
講演時間は1時間半ですが、
果たしてこれで終われるのかということ。
延長してしまうのではないかという心配があります。
今日の朝日カルチャーの講座も、
定刻より少し早く始めたのに、
終わったのは、予定を20分オーバー。
つまり、2時間弱しゃべっていたのだ。
とにかく、しゃべりはじめると、止まらない。
この傾向が最近さらに増していて、心配。
まあ、それはさておいて、
時間に余裕のある方は聴きに来てください。
pagetop
明日から2日間、
東京でコスモスの全国大会が開催される。
西から台風が接近しているので、
交通の面では心配だが、
会場はホテルなので、まあ身の安全ということでは全く問題ない。
ぼくは明日の朝、会場へ向かう。
今回の一番の楽しみは、
高野公彦さんの基調講演。
題して「コスモスの継承と前進」。
こういう題で高野さんが話されたことは今までないのでは。
ぼくは、その後のシンポジウムのメンバーなので、
事前に高野さんが作られた資料を読んでいるが、
この資料を見ただけで、
高野さんの本気度が並大抵のものではないことが分かる。
この大会をもって、
ぼくの夏休みは終わる。
21日からは、また大学への出講が始まる。
pagetop
加藤孝男さんの第二歌集『曼荼羅華の雨』(書肆侃侃房)が届いた。
あとがきにぼくの名前を出していただいたが、
縁あって、加藤さんの歌原稿をすべて読ませていただいたことによる。
加藤さんの歌の良さは、
とにかく韻律を大切にしていること。
さらにスケールの大きなこと。
多方面の仕事をし、なおかつ関わっているが、
歌に対する素志は、韻律にあると、
加藤さんは思い定めているようだ。
書肆侃侃房から出されているので、
手に入りやすいと思う。
価格も廉価というべきだろう。
多くの方に読んでいただいて、
現代短歌のこの先のことを考えていただけたらと思う。
そうそう、装幀もなかなか佳い。
実は、装幀についても、何案かあって、
ぼくも相談にのったが、
この装幀にしてよかった。
まさに、「曼荼羅華」が散っているではないか。

ところで、書肆侃侃房の歌集で、
叢書番号がついているのは、
ひょっとしたら、この歌集が初めてかもしれない。
奥付に「まひる野叢書348番」とある。
pagetop
よんどころない事情で、
8月の下旬からアパート住まいをしている。
2DKだから、何とも手狭で、本もどうしても手元に置いておかないと
いけないもの以外は、すべて倉庫に送りこんだ。
もちろん、かなり処分した。
寄贈したもの。古書店に引き取ってもらったもの。
そして、やむなく廃棄したもの。

ということで、不便この上ない。
この先、原稿を書く上で、必要になった本はどうするのか。
まあ、結論は何ともならない。
大学の図書館等のお世話になるしかない。

この不便な生活は、
多分来年の3月まで続く予定。
まあ、こういうシンプルライフもいいかなとは思うが、
書斎と書庫があった生活から、
リビングで原稿書き等のすべての、
短歌に関わる活動するというのは、
半年が限界かな。
pagetop

誕生日

2017/08/10

もうこの歳になると、誕生日といっても、
特に感慨はない。
ここまで来たかというくらいかな、
それにしても、SNSは、誕生日が大好きですね。
ありがたいと言うべきか。

ところで、この蒸し暑さはなんだろう。
湿度は80パーセントを超えているのでは。
熱帯雨林にいるのではないかという感じ。
もちろん熱帯雨林には行ったことがないし、
行きたいとも思わない。
pagetop

怒濤の日々

2017/08/09

まさに怒濤の日々としかいいようのない状態が続いている。
ということで、
しばらく更新は無理かなと思う。
もちろん、私事で、
短歌とはほとんど関係ありません。
短歌のほうの怒濤の日々は、
10月の末あたりから始まりますね。
こちらもまさに怒濤の日々。
pagetop
今日の中日新聞の朝刊に、
青山学院女子短大が、
2019年度以降の募集を
停止するという記事を載せていた。
そうなのかという感慨めいたものがある。
というのも、
高野さんが河出を辞めた後、
教授として相当の年月を過ごしていた
大学だからだ。
この大学で高野さんの授業を受けて、
短歌の道に入った人が少なからずいる。
その中には、
すでにコスモスの選者をしている人もいる。
特に母校という人は、
やはり寂しく思うだろう。
女子短大という教育機関は、
もう風前の灯火なのだろう。
pagetop

迂闊

2017/07/09

7日に話題にした写真がいつ撮られたものか分からなかったが、
今日、我が家に「保田與重郎アルパム」があることに気がついて、
早速調べてみたところ、やはり載っているではないか。
昭和30年5月29日とある。
なお、「佐佐木信綱研究」には、記載がなかったが、
小高根二郎氏も写っている。
小高根氏は、詩人の伊東静雄の研究者である。
それにしても、これだけの人を呼び寄せる
佐佐木信綱という歌人の
求心力ということについては、
一度考えてみたいテーマである。
pagetop
「佐佐木信綱研究」第8号が届いた。
「前川佐重郎氏インタービュー」という記事の中に
写真が多数掲載されているが、
その中の最後の一葉を見て少し驚いた。
当然信綱と前川佐美雄が写っている。
しかし、それ以外のメンバーがすごい。
鈴鹿俊子、川田順、五島美代子、そして何と五島いづみさんもいる。
それから後に有名人となる高田好胤、そしてさらに
保田輿重郎もいる。
前川佐重郎という名も、保田の名の一部をもらったのではなかろうか。
この写真を見ていると、そんな気もしてくる。
とにかく貴重な写真だ。
それと今さら私が言う必要もないことだが、
「佐佐木信綱研究」はいい仕事をしている。
こういう雑誌が他にも出てくると、
近代短歌研究も、
学問として十分成り立ってくると思うのだが。
どうだろう。

pagetop
「路上」138号が届いた。
目次を見て、あれっという感じ。
何とすべての原稿の執筆者が佐藤通雅となっている。
巻末の「ゆきしろ庵雑報」を見たら、
「しばらく純粋な個人誌の形で進めることにしました。」とある。
納得。
嬉しかったのは、
「柏崎驍二・帖」の連載が始まったこと。
やはり「ゆきしろ庵雑報」に
「「柏崎驍二論」という堅苦しいのでなく
「柏崎驍二・帖」として。」とある。
ただ読み進めてゆくと、
やはりこれは論だよなとは思った。
年齢的には柏崎さんのほうが、
二歳ほど上だが、
岩手県生まれで、高校の教員をしていて、
しかも歌人という共通点が多いわけだから、
柏崎さんにとって、
最適な方が柏崎さんの歌を読み進めてゆくのは、
本当にありがたいことだ。
じっくり読んでゆこうと思う。
コスモスの仲間たちにもぜひ読んでほしい。
当然この号は『読書少年』の歌について書かれている。
「『読書少年』1」とあるので、
数回続けられるのだろう。

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30