岡崎の書店で、
『西東三鬼全句集』(角川ソフィア文庫)を購入。
昨年の暮れに出されている。
この本によると、
有名な「水枕ガバリと寒い海がある」は、
第一句集『旗』にある。
昭和10年の項にある「三章」の3句のうちの1句にある。

・小脳をひやし小さき魚をみる
・水枕ガバリと寒い海がある
・不眠症魚は遠い海にゐる

解説は小林恭二。
自筆年譜、初句索引、季語索引を
備えていて、お買い得の一冊。




pagetop

西村ツチカ

2017/11/28

「ビッグコミック」増刊12月17日号の
巻頭の「北極百貨店のコンシェルジュさん」は
久々にこれはと思わせる漫画だった。
作者は、西村ツチカ。
全然知らない。
しかし、凄いと思った。
こういう漫画家が突然あらわれるんだ。
高野文子以来だ。
新刊が2冊出るというから、
これは買わなくてはいけないと思った。
そんなこんなしていて、ある日、
「ちくま」12月号を見ていたら、
表紙裏の「ちくまさん」という漫画も
西村ツチカが書いていることを知った。
8コマの漫画だが、とてもいい。
味がある。
「痺れた」と言ったほうがいいかな。
ところで、この「ちくま」の新連載、
「東京のぼる坂くだる坂」を読んだが、
このエッセイもとてもいい。
今回は「幽霊坂」。
書いた人は、ほしおさなえ。
漢字で書くとどうなるんだろう。
「星尾早苗」かな。
あるいは「干緒早苗」かな。
とにかく全く知らない。
でも、この人の文章は読みたくなるものがある。
一文一文に、オーラがある。
次回は、2月号とか。
待ち遠しい。


pagetop

連れ合い

2017/11/13

北村薫の新刊『太宰治の辞書』(創元推理文庫)を
今日手に入れて読んでいる。
実に贅沢な本だ。
大正3年に出された新潮文庫が口絵写真として掲載されている。
扉の文章を穂村弘が書いている。
解説を米澤穂信が書いている。
単行本にはないエッセイ2編と短編1編が新たに収録されている。
でも、ぼくにとって、一番贅沢なのは、
高野文子の装画である。
〈円紫さんと私〉シリーズは、すべて高野文子の装画である。
さて、本題。
最初の「花火」を読み終えた。
こんなフレーズがある。

「食べ終わると、連れ合いが先に出る。玄関まで行って、軽く《ごろにゃん》といった表情を見せる。」

「夫」とか「主人」という言葉は使われていない。
一貫して「連れ合い」である。
〈私〉は「連れ合い」しか使わない。
それにしても、〈円紫さんと私〉シリーズの前巻までは、
〈私〉は独身だったのだから、
驚くべき変化だ。
夫がいて息子がいる。
息子は中学生で部活は野球。

さて、次の「女生徒」を読もうか。

pagetop
「夜泣き」創刊号がしばらくまえに届いた。
「しんぺんこまし」の編集メンバーが再結集して、
五年間、季刊で出すことにしたのだ。
「しんぺんこまし」は、愛知淑徳大学の文学部の
卒業生が中心になって出していた雑誌で、
メンバーが固定化されていたわけではなかったが、
「夜泣き」は、精鋭がうち揃って出すという
雰囲気がみなぎっている。
創刊号の頁数は、何と86頁。
手作りだから、すごい。
何と栞ヒモもついている。
限定80部。
ぼくのものは、「29」の数字あり。
ディレッタントが集まって、
こんな愉快な雑誌を出したんだと思う。
一見お遊び風に見えるが、
5年間でどんなイメージを提示できるようになるか、
楽しみだ。
pagetop

三省堂

2017/04/27

大学の授業を終えた後、
かねてから気になっていた、
タカシマヤゲートモール8階に開店した
三省堂書店名古屋本店を訪ねた。
当然、韻文のコーナーに行く。
韻文の棚を見れば、
その書店の実力が分かる。
結果は、「凡人」ということかな。
8階のフロア全体が三省堂なのに、
韻文コーナーの何とお粗末なことよ。
何せ侃侃房の本が一冊もないのだから、
よほどジュンク堂のほうがました。
ということで、予想はしていたが、
それでも一縷の希望はあったから、がっかり。
しかし、訪問記念に1冊買う。
小川糸の『ツバキ文具店』。
金曜日にNHKで放送しているドラマの原作。
ドラマのほうは、近年になくいいなあという
感想をもったドラマ。
自信をもってお薦めできるドラマだ。
それにしても、無駄足を踏んだなあ。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -