ベト七

2018/04/05

今日の朝日カルチャーの詠草に、
「ベト七」という言葉が出てきて驚きました。
多分ベートーベンの交響曲第7番だろうとは思いましたが、
いくら何でも「ベト七」はなあと話していたら、
ある人が早速検索して、
「のだめカンタービレ」で使われていましたよと
教えてくれました。
そういうことか、こんなふうに言葉は伝播してゆくんだなあと
つくづくと思った次第です。
でも、「ベト七」はどうもなあ。

それからある方の詠草にこんな歌がありました。

・夏の甲子園が終わり春のセンバツが過ぎても未だ「モリカケ」

リズムがとんでもなく変なのですが、
ちゃんと31音になっています。
受講生の中で一番若い人の歌ですが、
最近の20代、30代の歌人と似たところがあります。
こういう歌を短歌として認めたくないという人もいるかもしれませんが、
ぼくは認めますね。
多分、こういうリズムは、個性ではく、
時代の要請なのではないかという気がします。
かっこよくいえば、
時代が新しいリズムを生みだしてゆくということです。

ところで、全然関係ない話ですが、
加藤治郎さんが中心になって進めている
6月2日のイベントですが、
もうキャンセル待ちだそうです。
驚きました。
百数十名は入れる会場のはずですが。
ひよっとして歌人達は、
イベントに飢えていたのだろうかと思いはじめました。
pagetop

鶫書房

2018/04/03

先日、以前ながらみ書房に勤めていた為永憲司さんから
挨拶状が届いた。
何と鶫書房という、歌集歌書を中心とした出版社を
はじめるという内容だった。
短歌関係の出版は、
過当競争的な現状なのに、また一人そういう世界で
頑張ろうという人があらわれたのだ。
その勇気に敬意を表するしかない。
なお、鶫書房の「鶫」はロバート・ブラウニングの詩に登場している
鶫にその由来があるようだ。
鶫というと、ぼくは吉本ばななの小説の題名を思い出す。
ぼくは、吉本ばななの小説は、
「TUGUMII」しか読んだことはないが。


pagetop
『九州の歌人たち』(現代短歌社)が届いた。
目次を見て、これはとても良い本だと嬉しくなった。
例えば、徳田白楊、金石淳彦、津田治子、伊藤保といった歌人が
取り上げられているのが嬉しい。
一番嬉しいのは、
二宮冬鳥が取り上げられていること。
ただ、ファンとしては、このページ数はもの足りない。
せめてこの倍はほしかった。
まあ、贅沢は言えないが。
こういう本が出るなら、
現代短歌の世界もまだまだ捨てたものではないと思えてくる。
実は、昨日は、現代短歌の世界に対する
批判的所見をある本に載せるために書いていた。
少し厳しく書き過ぎたかなと反省しつつ、
それでも、やはり一人くらい厳しい発言をする
者が必要かなと思う。
とにかくこの本はとても良い本だ。
pagetop
先日「桜狩」184号が届いた。
しかし、表紙を見て驚いた。
「終刊号」と記してある。
これまでの号に予告はなかったから、
本当に突然のことだ。
編集後記に光栄堯夫さんが、
体調不良等で終刊にする旨、記していた。
桜狩短歌会と称しているが、
結社というよりは、超結社の同人誌的色合いの雑誌だった。
田島邦彦さんが出していた「開放区」に近い雑誌だった。
ただ散文の量という点では、
「開放区」には及ばなかったが。
それにしても、こういう超結社の雑誌が
次々に消えてゆくのは実に寂しい。
もう残っているのは、「鱧と水仙」の他に
どれほどあるのだろうか。
「桜狩」の場合、
後継の雑誌が出されるといいのだが。
これも難しいだろう。
田島さんにしても、
光栄さんにしても、
ほとんど自分の時間を雑誌の発行に費やしていたわけだし、
もう昨今はそれが可能な歌人はいないような気がする。
結社でほそぼそとやるしかないのかもしれない。
pagetop
『夏の領域』について、データを提示しませんでしたので、書きます。
竹柏会心の花に所属する佐藤モニカさんの第一歌集。
佐藤さんは、1974年、千葉県生まれ。
2011年に歌壇賞受賞。
歌集名は、冒頭のこの歌から。

・一つ残しボタンをはづすポロシャツは夏の領域増やしゐるなり

昨年佐藤さんは、第40回山之口貘賞を受賞している。
これは詩の賞。
受賞詩集は、「サントス港」(新星出版)。
小説もいくつかの賞をもらっているようだから、
文筆の才は、相当なもの。

ところで、この歌集の構成は、編年順。
だから、前回紹介した歌は、2008年から
2012年まで読まれた歌をおさめた第Ⅰ部のもの。
Ⅲ部になると、妊娠、出産、育児の歌になる。


pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -