FC2ブログ

魚釣り

2020/05/20

昨日、ある方からファクスが届いた。
その用紙の端のほうに、
こんな歌が書かれていた。

・歌詠むは魚釣るに似て楽しけれ釣り落としたる魚のかずかず

実に羨ましい境地だ。
いい歌になると思ったが、結局推敲しているうちに
なんともならなくなった歌がたくさんあるということだろう。
ぼくの場合はそれ以前。
つまり釣り針に魚がかからない。
かからない以上どうしようもない。
しかし、何とかしなくてはならない。
かかったふりをしていても、
なんだかなあという気はするし。
とにかく、まずは一匹をねらうことにしよう。
因みにコスモス短歌会の締め切りは、
22日。
つまり明後日。

pagetop
本日、「コスモス」6月号が届く。
武田弘之さんの歌に、そうだ、そのとおりだと
快哉をあげた。

・断捨離の要さらになしなかんづく歌誌、歌集また歌人の書みな

知り合いの歌人から、時に歌集や歌誌を処分したと聞くと
悲しくてならなくなるが、
こういう歌人がいることは、ぼくにとってはとにかく勇気を与えてくれる。
とにかくうれしい。
武田さんもぼくも三河の人間だから、
これは三河の人間の気質かな。


次に森重香代子さんの歌。

・寄贈誌の月刊「図書」はまだ届く宛名の主の世を去り二年

「宛名の主」は直木賞作家古川薫さん。
岩波書店も案外杜撰な名簿管理をしているんだなあと慨嘆。

小島静子さんは、こんな歌を詠んでいる。

・半世紀持つ宝物<おかあさんへ、小3 小じまゆかり>の手紙

50年以上前の手紙を静子さんは持ってるんだ。
確かに宝物、
なんて書いてあったのだろう。

宮内博子さんの歌。

・ああ、つひにこんな日が来た使ひ捨てマスクしづかに押し洗ひする

衝撃的な歌ですね。「使ひ捨てマスク」を洗って大丈夫かなと思う一方、
いわゆる背に腹は代えられないということか、
なぜか納得してしまう。
因みに我が家は、ひたすらドラッグストアを回った。
初めは収穫がなかったが、
最近はありますね。
先日近くのお弁当屋さんに行ったら、
50枚、3000円で売っていた。
一瞬迷ったが、止めた。
宮内さんの歌をもう一首。

・朝の月のぞむ姿勢で泣いてゐる「選抜中止」に高校球児は

うーん、明後日夏の大会について結論が出そうだ。
またしても、多くの球児たちが泣くことになるのか。
何とか対策を立ててできないものかと
元高校教師としては願う。



pagetop
「塔」5月号の前田康子さんの
「物足りない」と題する7首を読んで、
これらの歌は天然なのか、それとも意図のある歌なのか
考えてしまった。
まず7首をそのまま挙げる。

・夜勤明けのような眼で現れて現代映画論吐き続けおり
・会わぬ間に好み変わりてしゃきしゃきと冬菜を食べる音が続けり
・母親では物足りないというように仕事の話切り上げて立つ
・冬萌えの林の道へ降りてきてアトリはつつけり傍らの地
・咲ききった梅は蕊から古びたり 朝の雨粒そこに残りて
・ヒヤシンスの香り重たき夜となりエントリーシート子は書き続く
・ウイスキー舐めるようにもゆっくりと新幹線に源氏読む夫

よく歌会で「一首の独立性」云々と言い出して、
時に勝ち誇ったかのような物言いをする人がいる。
そういう人には、この前田さんの歌は、
格好の餌食になるような歌だ。
もちろん歌会の場に出されたとしたらだが。
まず一首目。
誰が「現れて」「吐き続け」ているのか。
この歌だけでは分からない。
ただ前田康子という署名があるから、
映画の仕事に就いている長男が久しぶりに自宅に帰って、
映画の話をしているんだなということは、
前田さんの家の事情に詳しい人間ならわかる。
五首目もわからない人はいるだろう。
この「子」と三首目までの登場人物とは違うのか違わないのか。
例えば、こう考える人もいるだろう。
映画関係のバイトをしている子が
いよいよ就活ということで、エントリーシートを書いているんだなと。
もちろん、前田さんの家の事情に詳しい人間には、
大学生の娘さんがいよいよ就活に入ったんだなと理解する。

つまり、前田さんの歌は、
前田さんファミリーに関心をもたない、というより知らない人には、
一首全体を理解することは難しい詠みかたをしているということになる。
さて、ここが一番大事なことだが、
こういう詠み方に対して、わりに否定的な物言いをする人が多いが、
果たしてどうなのか。
前田さんが想定している読者にとっては、
とても分かりやすい歌なのだから、
これはこれでよいという考え方もある。
ぼくの結論は、後者になる。
読者が限定される詠み方を否定する理由はないと思う。
というより、本来歌というものは、読者を限定するものなのでは。
それを「一首の独立性」という錦の御旗を立てる人がいるから、
やっかいなことになる。
「一首の独立性」云々という人は、
多分歌の読みが不十分な人だくらいに考えてよいのはなかろうか。




pagetop

クロニクル

2020/05/15

「塔」5月号の吉田恭大さんの時評
「運用と手順④」は、なかなかの労作だ。
一言でいえば、
新型肺炎短歌クロニクルと言えるのでは。
感染症の拡大で、
世の中が短歌のイベントが塔の歌会が
どうなっていったかを記載している。
今後、こういう記述は、
貴重な記録となることは間違いない。
この後、再開されていくイベントや歌会、
そして、また休会に追い込まれるイベントや歌会、
この繰り返しが数年は続くのではなかろうか。
この繰り返しのクロニクルが、
後の人々にとっては大切な記録になる。
スペイン風邪の蔓延した数年間、
短歌の世界はどうだったのか、
どうもその記録はあまりないようだ。
白秋の歌集を調べても、
その時期はなぜか抜けている。
なぜ抜けているのか調べる必要はあるとは思うが、
そこまでの余裕はない。

pagetop

気になる歌

2020/05/14

「塔」5月号の真中朋久さんの歌で、気になる歌が二首あった。
一首目はこの歌。

・昭和初年の文章にある「プロ短歌」プロフェッショナル短歌にあらず

こちらは分かる。この「プロ短歌」はプロレタリア短歌のことだと。

では、この歌はどうか。

・夫となるひとと紹介されし青年の「プロ青」たりし日を知るわれは

「プロ青」とは何のことか。
真中さんは、昭和39年生まれ。
ぼくよりかなり若い。
ぼくの解答は「プロレタリア青年同盟」なのだが、
年齢的にはぼくと真中さんは、
かなり違うので、果たしてこれが合っているのかどうか。
どうも違うような気がする。



pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -