よんどころない事情で、
8月の下旬からアパート住まいをしている。
2DKだから、何とも手狭で、本もどうしても手元に置いておかないと
いけないもの以外は、すべて倉庫に送りこんだ。
もちろん、かなり処分した。
寄贈したもの。古書店に引き取ってもらったもの。
そして、やむなく廃棄したもの。

ということで、不便この上ない。
この先、原稿を書く上で、必要になった本はどうするのか。
まあ、結論は何ともならない。
大学の図書館等のお世話になるしかない。

この不便な生活は、
多分来年の3月まで続く予定。
まあ、こういうシンプルライフもいいかなとは思うが、
書斎と書庫があった生活から、
リビングで原稿書き等のすべての、
短歌に関わる活動するというのは、
半年が限界かな。
pagetop

誕生日

2017/08/10

もうこの歳になると、誕生日といっても、
特に感慨はない。
ここまで来たかというくらいかな、
それにしても、SNSは、誕生日が大好きですね。
ありがたいと言うべきか。

ところで、この蒸し暑さはなんだろう。
湿度は80パーセントを超えているのでは。
熱帯雨林にいるのではないかという感じ。
もちろん熱帯雨林には行ったことがないし、
行きたいとも思わない。
pagetop

怒濤の日々

2017/08/09

まさに怒濤の日々としかいいようのない状態が続いている。
ということで、
しばらく更新は無理かなと思う。
もちろん、私事で、
短歌とはほとんど関係ありません。
短歌のほうの怒濤の日々は、
10月の末あたりから始まりますね。
こちらもまさに怒濤の日々。
pagetop
昨日も今日も論理的世界の人たちとやり取りをする。
今日はついに年金機構へ。
のっけから、茫然とする指摘。
先日の担当者の指示どおりの書類を用意したのに、
それは認められていないとけんもほろろ。
全く逆の対応で、茫然とするしかない。
しかし、怒りを見せないで、
茫然としたさまを見せつづけた効果があったのか、
途中で、妥協案を提示される。
こちらもその案なら不足はないから、
承知。
ということで、いろいろあったが、
年金機構関係の書類については、
本日午後1時には提出終了。
これで大きな山は乗り越えた。
まだ小さな山があるが、こちらはもう少しゆっくりとやろう。

pagetop

論理的世界

2017/04/24

父親が亡くなったことにより、
市役所に通い続ける日々である。
市役所の担当者たちとのやりとりを通じて、
痛切に思ったのは、
ここはすべて論理的なんだなということ。
感情の入る隙間がほとんどない。
ありとあらゆることが理詰めである。
一点の曇りもない。
○か×しかない。
これがぼくは苦手だ。
だから、何回も通う羽目になっている。
でも、市役所の人たちは、
基本的に親切ではある。
そしてさらに、
市役所に勤める人は、
短歌や俳句の世界に入ってゆけるのだろうかと思った。
仕事は、ほとんど論理的世界なのに、
家に帰って、感情的、情緒的世界に入ってゆけるのだろうか。
ついついこういう余分なことを考えてしまう。
でも、市役所の能吏かつ歌人という人は、
知らないなあ。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -