『燕麦』

2012/07/30

吉川宏志さんの第6歌集『燕麦』(砂子屋書房)が届く。
「燕麦」という歌集題は、次の歌による。

・磨り減りし活字の残るマルクスの文庫のなかにさやぐ燕麦(えんばく)

さてこの歌が何を詠んでいるのか分かる人はどれほどいるのだろうか。
ポイントは「さやぐ燕麦」なのだが。
「あとがき」ではこういうことが書かれている。

「最後に書名について。「燕麦」はたまたま歌の中で使った言葉
なのだが、文字のイメージや音の響きがだんだん好きになってき
て、タイトルにすることにした。ウィスキーの原料になるという
のも嬉しい。小花を包むものがツバメの翼に似ているためにこの
名前があるという。」

これを読んでも、残念ながら先の歌の理解の助けにはならない。
結論から言うと、
「燕麦」は、大月書店発行の国民文庫に用いられたマークの図柄なのだ。
ただ国民文庫は、共産党系の出版社であり、
昔の国民文庫は、大方マルクスやレーニンといった
共産主義関係の文献を網羅した文庫で、
要するに、社会運動に関心のある人しか目にすることのない
文庫なのである。
しかも、今でも国民文庫は細々と生き残っているようだが、
当然それらの文献を掲載したものは、
多分ほとんど絶版ではないかと思う。
今ぼくの目の前にあるのは、
マルクスの『経済学・哲学手稿』である。
昔は「経哲」と言っていたなあ。
運動家のお兄さんが、
マルクスを読むのなら「経哲」からだよなんて言っていたなあ。
最初は何の話しか分からなかったが、
大学の生協で手に入れて読んだのだった。
この手もとにある文庫は、
1968年1月13日発行で、200円。
第7刷。
「疎外された労働」のあたりは面白く読んだ。
もちろんこの手稿の集大成が『資本論』になるわけだ。
吉川さんの歌集の題について書いてきたら、
何と学生時代にタイムスリップしてしまった。
あのころは、それなりにマルクスやレーニンを読んでいた。
マルクスの文献などを読む
勉強会もあったなあ。
そういう勉強会から引き抜かれて、
セクトのメンバーになって、
東京で掴まった仲間もたくさんいた。
あんな学生時代は、
この日本の国には二度と来ないだろう。
pagetop

雪崩

2012/07/28

昨日から雪崩が続いている。
昨日は書庫で。
夜中、何かが崩れる音がしたが、何が起こったのか分からなかった。
昼間、書庫を見たら、本が崩れていた。
さきほどは、書斎で雪崩。
崩れそうかなと思って直していたら、
どっと来た。

とにかくこの夏休みに何とかする。
いや、何とかしなくてはいけない。
いやはや。



pagetop

7月27日

2012/07/27

今日は淑徳の長久手キャンパスで現代短歌の講義。
もちろん最終日。
試験はしないで、課題を提出してもらう。
個性的なメンバーが揃っていて楽しかった。
これで、前期はすべて終了。
後は、成績処理のみ。
成績処理も外大はもう終わっている。
ということで、明日からやっと夏休みに入る。
でも、しなくてはならないことが山積。
どうなることやら。

「合歓」の57号が届いていた。
楽しみにしているインタビューコーナーは、
何と高野さん。
これは嬉しい。
インタビューする久々湊さんが、
「桟橋」に入りたかったというのには、驚く。
それから、「桟橋」のレイアウトを
真似していることも認める。
影山さんに指摘されたとのこと。
「招待コーナー」は、前田康子さん。
これも嬉しい。

今日もう一つ嬉しかったのは、
1年ほど休止していた松村由利子さんのブログが
再開されたこと。
pagetop

7月24日

2012/07/24

大学に行く前に、
東京の出版社のUさんに電話。
お礼かたがた、情報交換。

短歌ゼミの前期最終日。
一人欠けていたが、
ゼミで出す雑誌の話、夏休みの課題、
卒論などについて、1時間程度話し合う。
その後、まだ卒論について、
方向を決めていないと学生と面談。
どういう歌人について書きたいのかと聞くと、
高野さんの名前が出ておどろく。
高野さんの『水苑』を読んだとのこと。
この歌集の魅力が分かるのかとまたしてもおどろく。

面談を終えて、
帰ろうと大学の門を出たところで、
いなかった一人に会う。
まさに間一髪。
大学へ戻って、同じ内容を説明する。

家に帰ると、
高野さんから「桟橋」に書いた書評の礼状が届いている。
恐縮の至りとしか言いようがない。
pagetop

更新できず

2012/07/23

巷では、今日から本格的に夏休みに入ったようだが、
当方はまだ27日まで講義があるし、
成績処理もある。
朝から子供たちの賑やかな声が聞こえるのも、
夏休みだからだとは思うが、
どうもしっくり来ない。
世間とずれてしまった感じ。

とにかく更新できない。
締切に追われまくっている。
選歌もあるし、
原稿も書かなくては。
歌集が次から次へと送られてきて、
どれも読みたいと思っていたものなので、
実にありがたいのだが、
要するに読む暇がない。
そのくせ、
「十二国記」の読み直しをしているのは、
何なのだろう。
早く夏休みにならないかなあ。
pagetop

7月13日

2012/07/14

今日はなぜか13に縁のある日。
まず今日が7月13日。
そして、今日の淑徳の「現代短歌」の講義が
13回目。
さらに、
家に帰ると、
高野公彦さんから第13歌集『河骨川』(砂子屋書房)
が届いていた。
さらに、
楽天のマークンが
13奪三振で勝利投手になった。
まあ、
最後の13は関係ないかな。
pagetop
今日は淑徳の長久手キャンパスで
「現代短歌」の講義。
車で50分程度かかるので、
いつもNHKの「すっぴん」を聞いている。
パーソナリティーが高橋源一郎なので、
なかなか面白い。
「源ちゃんの現代国語」なるコーナーもあって、
先週は何と現代短歌。
登場したのは、もちろん穂村さんとか今橋さん松木さん斉藤さん。
明らかに傾向があります。
今日の話題はOEDだったので、
気楽に聞いていた。
そして、9時55分近くになったら、
10時過ぎからのインタビューのコーナーのゲストが
俵万智さんというではないか。
えっとびっくり。
というのも、
今日の講義のメインは俵さんの歌なのだ。
なぜ俵さんかなと思っていたら、
『サラダ記念日』が出されてから、
今年で25年ということだった。
そうか、もう25年経ってしまったのだ。
学生に見せるつもりで、
『サラダ記念日』の初版本も用意してきた。
しかしながら車は10時前には駐車場に着いたので、
ラジオは結局聴けずじまい。

それで講義の冒頭でこのことを話題にしたら、
ある男子学生が、
「先生、今日は七月六日ですよ」と言うではないか。
そうだ、今日は七月六日だ。
それで、ゲストに呼んだのだ。
今年の学生はなかなか侮れない。
講義は、
角川短歌賞受賞作の「八月の朝」を丁寧に読んだ。
言いたかったのは、
俵さんの歌を単純に口語の歌と考えてはいけないということ。
まあ、幸綱さんの影響が相当濃い歌なのだ。

そして、講義が終わったら、
ある女子学生が
「先生、今日私の誕生日です」と言うではないか。
なんか落ちがついたような感じの講義であった。


pagetop
「波」7月号の印象を一言で言うと、
「てんこ盛り」。
例えば、「しゃばけ」の畠中恵さんと女優の相武紗季さんとの対談記事。
早くも11冊目の小説『迷宮』を刊行した中村文則くんへのインタビュー記事。
村上春樹の書評もある。
そして、穂村弘・山田航の『世界中が夕焼け 穂村弘の短歌の秘密』
刊行記念鼎談がある。
出席者は、穂村さん、藤原龍一郎さん、
そして何と北村薫氏。
しかし、ぼくが本当に書きたかったのは、
これらの記事ではなくて、
小野不由美さんへのインタビュー記事が掲載されていることなのだ。
完全版「十二国記」が
新潮文庫から刊行されるのに合わせての企画だ。
でも、小野さんの回答は、
どうもいやいやという感じ。
版元の要請だから、仕方ないけど、
自分はこういう類の
取材は本当はとても嫌なんだという
気配に充ち満ちている。
それから、
こんな広告もあった。
「小野不由美9年ぶりの書き下ろし長編」。
ホラー小説で470枚とある。
これは暑気払いにいいかな。
とにかくこれだけてんこ盛りで
100円という安すぎる。
もちろん、ぼくは近所の書店からただでいただいてきたが。
大きな書店に行けば、
まだもらえるのでは。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -