近藤芳美の『無名者の歌』の頁を繰っていて驚く。
この本は「朝日歌壇」で近藤が選んだ歌から
500首程度を新たに選び直して、
テーマごとに並べたもの。
出版社が新塔社というのも驚き。
昭和49年6月20日第一刷。
驚いたのは次の歌。

・「憲法」を読みつつ泣かゆ幸福はここになお今なお記されいたり

作者は、日賀志康彦。
歌集には未収載。

こんな歌もある。

・星を追う大赤道儀の鏡筒に露霜置きぬ指痛きまで

作者は、杉崎恒夫。

さらにこんな歌もある。

・わが犬は豆腐積み行く土手に沿い暁の瀬をしぶきて走る

作者は、松下竜一。

「朝日歌壇」に投稿後、
歌人としての道を歩みはじめた方達が、
たくさんいることを、
今回この本を読み返して分かった。
ちょっと遅かったかなという気もするが。
あとがきで、近藤芳美は、
掲載については、作者に確認してないなどという
現在ではありえないようなことを
平気で書いている。
著作権についてゆるい時代の
証明みたいな本でもある。



pagetop
「歌壇」4月号購入。
柏崎驍二さんの連載「うたを磨く」が始まる。
今回のテーマは、「型式を守る」。
いかにもコスモスの歌人らしいテーマ。
でも、当然ですね。
型式に対して、安易な妥協をしている歌人は、
結局駄目だと思う。
もちろん、字余り厳禁なんて、
杓子定規なことは、
柏崎さんは決して言わない。

この号には、
狩野一男さんの「シャント」12首も
掲載されている。
もちろん、小島ゆかりさん、
田宮朋子さんの連載も。
pagetop

卒業式

2013/03/14

今日は、愛知淑徳大学の卒業式。
毎日文化センターの講義を終えた後、
会場の国際会議場に向かう。
会場に近づくにつれ、
袴姿の女子学生がどんどん増えてくる。
そして、会場に入った途端、
袴の圧倒的な群れに、気圧される。
一般教職員は、
モニターのある部屋で卒業式を見る。
式が15分程度延長して終わった後、
それぞれの会場に移動して、
学位記の授与を行う。
わが短歌ゼミは、
幸い全員出席していた。
これで、
大学院に進学するHさん以外の人とは、
ほとんど会う機会はないだろう。
2年間一緒に短歌の勉強をしてきたが、
すべて思い出となってしまった。
まさに一期一会。

pagetop
3月10日付けの「朝日」の読書の頁の
「思い出す本忘れない本」欄は、
南伸坊さんが担当していて、
何と森銑三先生の
『新編 物いう小箱』(講談社文芸文庫)
を取り上げている。
これは嬉しい。
最近は、森先生の本も出ないし、
森先生自体も話題にならないので、
残念に思っていたので、とにかく嬉しい。
しかし、この『新編 物いう小箱』も
すでに絶版というのは、悔しい。
2005年の3月10日だから、
丁度8年。
今日の出版事情では仕方のないことなのかな。

ところで、同じ「朝日」の「人」欄では、
大口玲子さんが取り上げられている。
若山牧水賞を受賞したからであろうが、
昨日発表のあった芸術選奨の新人賞も
同じく『トリサンナイタ』で受賞している。
めでたいことだ。
この歌集は、多くの人に読んでもらいたいと思う。
pagetop
「塔」3月号の歌集探訪に、
狩野一男さんの『悲しい滝』が取り上げられている。
評者は三浦こうこさん。福島県の方。
気持ちのこもった評が書かれていて嬉しい。
狩野さんの歌集は、
「うた新聞」の3月号にも取り上げられている。
こちらの評者は、何と小高賢さん。
タイトルが「もう、大丈夫!」。

ところで、
「塔」3月号の編集後記で、
永田和宏さんが、
104歳の新入会員について書いている。
うーん、凄いとしか言いようがない。
でも、これからは、
100歳を超えた新人は、
どんどん現れるような気もする。
pagetop

日記好き

2013/03/06

とにかく人の日記を読むのが好きなため、
他の著作は全く読んだことがないのに、
日記なら購入してしまう悪いくせがある。
ということで、西村賢太の日記本を購入。
題がすごい。
「一私小説書きの日乗」。
「いちわたくししょうせつかきのにちじょう」と
ちゃんと読めますか。
書いてあるなかで、
何時に起きて、何を呑み、何を食べたかについては、
必ず書いてある。
それから出版社の誰と一緒だったかもすべて書いてある。
このあたりは、ちょっと偏執的。
小説家なのだから、
小説家が登場するのではないかと期待したが、
ほとんど登場しない。
というより、どうも小説家が嫌いなようで、
話題にしたくない感じ。
特に嫌いな小説家は登場するが、
名前は明かさない。
しかし、ただ一人だけ登場する作家がいる。
嬉しいことにぼくも大好きな作家だ。
その件のみ紹介する。

会場で、先輩作家として敬している佐伯一麦氏に、
丸四年ぶりにお会いする。こちらの体のことを
心配して下さり、大恐縮。

この会場は、野間三賞パーティー会場。
帝国ホテル。

ということで、ぼくにとって価値があったのはここだけ。
1450円(税別)がもったいないような気もするが、
日記本を集めているので致し方ない。
そうそう、肝心なことを書いてなかった。
日記の書き出しは、
平成23年3月7日。
つまり大震災の4日前。
大震災については、それほど触れていない。
しかも、3月11日は日付すらない。
あえて載せなかったのだろう。
そして、終わりは
平成24年5月27日。
これ以降は、
別のサイトでまだ続行中とか。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -