訃報

2013/10/31

夕刊を見て驚く。
何と藤井常世さんの訃報が載っている。
享年72歳。
いくら何でも若すぎる。
なぜか最新歌集の『鳥打帽子』をいただいていて、
藤井さんの歌はこれからどんどんよくなるのではと
思っていたところなのに。
特に父君の藤井貞文氏の登場する「鳥打帽子」
一連20首は、心をうたれる歌が多かった。
少し挙げたい。

・すすき原ほほけ初めたる山のなだり 父あゆみゆく わが歩みゆく
・うち靡く仙石原の穂すすきに見え隠れ父の鳥打帽子
・あきらけく晴れたる秋は 帽子投げ受け止めてあそぶ帽子の遊び

釈迢空、岡野弘彦とつながる歌であることは
一目瞭然。
特に一首目の歌は。

それにしても、これから更に
境地を深めんとされている方の
急逝は残念でならない。
何だか、短歌の世界は、
どんどん寂しくなってゆくようだ。
pagetop

歌の友

2013/10/29

宮柊二の『藤棚の下の小室』にこんな歌がある。

・歌止めてゆくをとどめしこと無くて一人二人を常に偲べり

歌の世界から離れる人に対して、
どう振る舞えばよいのかよく分からない。
しかし、宮先生のように振る舞うしかないのかなと思う。
偲ぶしかないのだろう。
止めてゆく人には、
止めてゆく事情がある。
その事情に対して、
多分ぼくはただ立ち尽くすしかないのだ。
事情というものに分け入ることはできない。
なぜなら、歌以外の点では、
ぼくは赤の他人に過ぎない。
短歌という細い糸でこれまで
つながっていたのだから。
その人がここまで
苦しい状況を乗り越えて歌を続けてきた
ことに対して、
ぼくはご苦労さまでしたとしか言いようがない。
そして、
ぼくは、
偲ぶ人の数を増やしてゆくしかないのだろう。
pagetop
第29回太宰治賞受賞作。
作者はオーストラリア在住の岩城けいさん。
新聞等の書評で話題になっていたので、
しばらく前に購入し、読了。
今年読んだ小説の中では、一番感動した。
村上春樹の話題作より、
読後感はよほどいい。
芥川賞候補になってもいいと思う。
生きること、
言語というもの、
そして、生きることと言語との関わりというものを
考えさせてくれる。
すぐれた小説を読みたいと思っている方には、
お奨めです。ぜひ読んでみてください。
ぼくにきっと感謝します。

なお、「ちくま」11月号には、
岩城さんへのインタビュー記事が掲載されています。
pagetop
10時より、毎日文化センター。
これまでの受講者で、
今日から一人しばらくお休みになるとのこと。
逆に今日から参加の方も。
短歌はゼロからの出発とのこと。
とりあえず三ヶ月やってみるとのこと。
13日の三重の短歌大会の案内をする。
「未来」の佐伯裕子さんの講演があるので。
何と受講者の方で、
「未来」の方は、全員佐伯さんの選歌欄に所属されている。

外大の三限のクラスの学生が、
後期になって来ない。
心配だ。今日でもう3回欠席となる。

帰宅は6時を過ぎる。
もうすっかり暗い。
しかし、暑い。
冷房を入れていない居間は、
30度を超えている。
可児市にいる妹が
母の面倒を見に来てくれている。

ノーベル文学賞は、
やはり村上春樹ではなかった。
下馬評のみというのも何だか。
受賞する可能性があるのだろうか。

三鷹の続報がニュースでは続いている。
宮英子さんのお住まいの近く。
ということは、編集部の方達は、
現場近くを通られたかもしれない。
京都から殺しに行ったという青年の
情念には何が宿ってしまったのだろうか。

pagetop

誤植

2013/10/04

論創社の「出版人に聞く」シリーズに、
嬉しい一冊が加わった。
題して「名古屋とちくさ正文館」である。
話すのは、もちろん古田一晴さんである。
ぼくがちくさ正文館へ通い始めて数年後に
古田さんはアルバイトとして入り、
その後正社員になった。
だから、古田さんの語る内容は、
どれも懐かしいものばかりだ。
それで、内容はいいのだが、
一つだけ困った誤植がある。
非常によくある例なのだが、
短歌に関わっているぼくとしては、困る。
春日井建さんが何度か登場するのだが、
徹底して誤植なのだ。
つまり「春日井健」になっている。

「ちくま」10月号の
「絶叫委員会」で、穂村さんが、
春日井さんの自己紹介を紹介している。
もちろんこの誤植に関わってのものだ。
春日井さんは、こう自己紹介したそうだ。

「人でなしの建です」

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -