はや半年が

2014/06/30

はや半年が過ぎ去る。
まさに光陰矢のごとし。
それにしても、どうも更新が鈍りがち。
パソコンは絶好調なのだが、
こちらの気力が湧いてこない。
こない時には無理をしないのが原則。
気力の湧いてこない理由を考えているが、
別段これという理由は浮かばない。
ただ思うのは、
今していることは、
ほとんど継続で新規の仕事がないのが、
一つの理由かなと思う。
継続の仕事は、どうも無難にやればいいという
保守的な発想に押されがち。
何か新規の仕事をしようとすれば、
わくわくしてくるが、
そのわくわく感がないなあ。
やはり「無難にやればいい」というところから、
まず抜け出る必要があるかな。
とは言っても新規の仕事はあるにはある。
でも、ぼくが望んだわけではなく、
降ってきたものだから、
やはりわくわく感は今のところはない。
でも、実際に始まったら、
わくわく感に満たされるかもしれない。
そういう可能性に期待してみよう。
pagetop

今日の新聞

2014/06/29

今日の「日経」の文化欄のエッセイは、
小説家の佐藤洋二郎が書いている。
タイトルは「敵は女子会」。
佐藤は、ぼくより一歳上なので、
以前から気になってはいたが、
小説を読んだことはない。
時折エッセイを読むくらいだ。
今日のエッセイは、少し身にしむ内容があったので、
紹介する。

「いずれにせよ、歳と共に波風の少ない生活になって
きたが、人生は案外とあっけない。多くのつらさや哀し
さの中に、ほんのわずかな愉しみや喜びの光明を見
出して、また苦衷の道を歩くのが、わたしたちの人生
ではないか。それには辛抱も忍耐も必要なのだ。」

こういうことが少しずつ分かりはじめて、ぼくたちは、
老いというものに親しんでゆくのかなと思う。

「朝日」の読書頁のなかにある「著者に会いたい」は、
何と大島一洋さんだった。
もちろん面識はない。
しかしよく知っている人だ。
大島史洋さんのお兄さんだ。
ご両親の介護のために実家のある
中津川に戻っているということは知っていた。
今回その介護についての本を出されたのだ。
題はそのものずばりの『介護はつらい』。
写真も掲載されているが、
史洋さんとはにていない感じ。
記事を読んでいて、一度手に入れて読んでみたくなった。

pagetop

貧困旅行記

2014/06/18

午後から名古屋市短歌会館で勉強会。
その後、伏見駅までの連絡通路にある古本屋に寄る。
今まで素通りしていたので、
今日はじっくり眺める。
眺めれば、当然買うことになる。
新潮文庫を2冊買う。
一冊は、つげ義春の
『新版 貧困旅行記』。
帰りの車内でパラパラと見ていて、
二つのことに驚いた。
一つは、名取市の閖上の写真があったこと。
昭和50年の3月につげが撮影したもの。
当然、この写真に映っている家々は、
あの震災で悉く流されてしまったのだが。
もう一つは、こんな誤植が273頁にあったこと。

子供へのサービスに伊那上野の忍者屋敷を見に行くが、
まったくの子供だまし。

「伊那上野」という誤植が文庫になっても残るというのは、
いくら何でもという気がする。
ひょっとして確信犯なのだろうか。
もちろん、つげさんが。

ところで、
名古屋市短歌会館を出る時に、
会館の方に、
昨日から募集を始めた「夏の短歌塾」の
申し込み状況を聞いたところ、
なんとなんと、
8月3日も10日も、
もう30名前後の応募者があるとのこと。
定員45名だから、
二日間で三分の二が埋まってしまったということになる。
これは大変なことになってしまった。
会館の方は、
これは嬉しい悲鳴ですよと言っていた。



pagetop
「しんぺんこまし」5号が届いた。
特集は「飼っているもの」。
片山くんのエッセイが面白かった。
イラストはなかなかのものだと認めていたが、
文章もいいではないか。
題は「バルサン」。
そして、飼っているのはハムスター。
ということになれば、
結果がどうなるかは分かるのだが、
それは読んでのお楽しみ。
片山くんには、
これからもこういうエッセイを書いてもらいたい。
とにかくいい味がある。
それから、
東口さんの「思ひ出の教科書」も面白い。
これは誰しも身に覚えがあると思うが、
作者の顔写真に落書きをする。
その落書きをした顔写真も
載せてある。
誰なのか見当のつくのもあるが、
これはいったい誰なんだろうというのもある。
すごいのは、
やはり宮沢賢治かな。
多分、賢治ファンは激怒するだろう。
それから、
今回は「べつさつ こまし」第犬号という付録めいたものも
付いてきた。
こちらは、犬の話題だけのようだ。
まあ、犬を飼っている人が一番多いから、
原稿もたくさん集まったのだろう。
とにかく「しんぺんこまし」は、
実に愉快な雑誌だ。
pagetop

原稿依頼

2014/06/03

今日「しんぺんこまし」の編集担当の一人のHくんから、
原稿依頼のメールが届く。
7月号は、漫画で特集を組むということで、
ぼくにも書いてほしいとのこと。
短歌について書いてほしいと言われたら、
ちょっと考えるが、
漫画ならもう文句なし。
書きます。
ということで、快諾のメールを送る。
漫画論を書く気力はもうないが、
好きな漫画家について書くということなら、
喜んで書きたい。
何せ創刊号の「少年マガジン」や「少年サンデー」を
読んで、育ってきたのだから。
今でも夢に、
「マガジン」の創刊号を書店の店頭で手にしている場面が現れます。
実際に書店で平積みになった「マガジン」を手にとって、
奥へお金を払いに行ったことを今だに覚えています。
もちろん、どこの書店かも覚えています。
当然今は存在しませんが。

なお「しんぺんこまし」は、
以前書きましたが、
今年愛知淑徳大学を卒業した学生たちで
出しているノンジャンルマガジンですね。
月刊です。


pagetop

メモ

2014/06/02

こんなメモがあったので、ここに残しておきます。

自分が読んだ本が受賞すると嬉しい。
昨年読んだ本では
ぼくが一押しの『さようなら、オレンジ』(筑摩書房)が、
芥川賞候補にノミネートされるも受賞せず、
さらに本屋大賞にノミネートされるも受賞しなかったが、
第8回大江健三郎賞を受賞した。
これは嬉しいし、
さらにこの小説が翻訳されて海外で出版されれば、
さらに評価が高まると確信している。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -