逢妻

2015/02/28

中部短歌会の機関誌「短歌」2月号の
「歌誌遊覧」に、「棧橋」終刊号が取り上げられている。
残念ながらコメントは少なく、
座談会の抜粋が主となっている。
まあ、それはいいとして、
作品を見ていて、びっくり。
こんな歌を見つけた。
いや、見つけてしまった。

・月一度の出社の帰路に途中下車逢妻という普通停車駅

「逢妻」はぼくが日々利用している駅。
家から徒歩5分程度。
なぜ作者は逢妻で途中下車したのだろう。
気になる。
「逢妻」という名に引かれたのだろうか。
かつて吉川宏志さんが、
この駅名を詠んでいる。
ということで、この作者で二人目。
もちろん、ぼくも詠んでいる。
ということは正確には三人目。
一度、この作者に途中下車の理由を聞いてみたい。
そんなに遠くない時期に
この作者に会えそうな気がするから、
pagetop

次々

2015/02/27

次々に歌集が届き、
次々に依頼が舞い込む。
父と娘のそれぞれの歌集が一緒に届く。
これは初めての経験。
夫婦それぞれというのは、よくあるのですが。
しかも、娘さんの歌集の栞文に、
上野千鶴子さんが書いているというのは驚き。

依頼については、この地域の歌人に関わるもの
ばかりだから、できる限り協力したい。

「鱧と水仙」44号が届く。
これで一安心。
2月中に必ずと届くとは思っていたが、
ひょっとしてということもあるから。
杞憂でした。
pagetop

暖かい

2015/02/25

14時現在の気温、14度。
暖かい。風がないから余計に。
これから名古屋へ。
あるカルチャーへ、4月からの仕事の打ち合わせ。
その後、学生諸君との飲み会。
何と飲み会の中で、
歌会をやるという。
何という情熱。
題詠で、
題は「春」。
ぼくもやむをえず1首出しておいた。
いかにも年寄りの歌なので、
けちょんけちょんにやられて、
今日は悪酔いしそうだな。
しかし、明日は、蒲郡で
大切な仕事があるので、
できるだけ飲む量は抑えなくてはいけない。
まあ、年相応に。
pagetop

98歳

2015/02/24

福士りかさんのブログをさきほど覗いて知った。
昨日は、宮英子さんの誕生日でもあったのだ。
2月23日で、宮英子さんは、98歳になられたわけだ。
あと一年で白寿。
どうかこの一年を健やかにお過ごしください。
もちろん、歌のほうも。
宮さんより上の存命の歌人は、
もう清水房雄さんくらいなのかな。
清水さんは、今年100歳になるのかな。
pagetop

授賞式

2015/02/23

9時過ぎに、Kさんに少し連絡したいことがあったので
電話をしたが、出なかった。
月曜日の夜に、一人で飲みにいかれることもないのになあと
不思議に思ったが仕方ない。
ところが、ふと思いついた。
今日は、高野さんの読売文学賞の授賞式だ。
会場に行っているのだから、
電話に出ることは当然できない。
コスモスの東京の仲間たちは
大勢参加していることだろう。
こういう時、地方にいる者の悲哀というものを
感じざるをえない。
何もかも東京に集中していて、
果たして地方創生なんて無理ではと思ってしまう。
脱線してしまったが、
とにかく遠く離れた地から、
高野さんの受賞を祝いたい。


pagetop
珍しくあちこちに書いているので紹介します。
「歌壇」2月号。
「挽歌の時代」と題する時評を書きました。
「うた新聞」2月号。
栗木京子さんの『現代女性秀歌』の書評を書きました。
「現代短歌」3月号
「宮柊二にみる飲食のうた」を書きました。
ぼくのつけた題は、「餅とウィスキー」。
ウィスキーについて触れたのは、
もちろん「マッサン」絡み。
「短歌往来」3月号。
連載している「歌誌漂流」の題179回。
「レ・パピエ・シアンⅡ」について書きました。
「レ・パピエ・シアン」については何度か書きましたが、
「レ・パピエ・シアンⅡ」については初めて。
大辻さんが岡井さんにいただいた資料で、
相良宏について書くということが書いてあって、
楽しみです。
実際は、もう2回書いていますが。
多分数年はかかる仕事かなとは思います。


pagetop
「文學界」2月号をようやく手に入れた。
というより、偶然手に入った。
近くの書店の雑誌のコーナーを眺めていたら、
なぜか「文學界」2月号が置いてある。
純文学関係の雑誌は
今まで一度も置いてあるところを見たことがなかった。
多分、店主が増刷されたことを知り、
ひょっとして売れるかもと入れたに違いない。
しかし、売れなかった。
そして、今日ぼくが見つけた。
ということで、今日の話題は、
「文學界」2月号に掲載されたお笑い芸人の
又吉直樹くんの「花火」という小説かというと、
そうではなくて、
小島なおさんの短歌。
なおさんの短歌が「文學界」2月号に掲載されているなんて
いうことは全く知らなかった。
「巻頭表現」というコーナーが始まったらしくて、
その第二回が小島なおさんの
「シナノゴールド」と題する一連10首。
何首か紹介する。

・この頃はちさき過ち多くして餡子の詰まる和菓子食べたし

・わが妬心ねずみとなりてからだじゅう駆け巡りたり月太る夜

・良き名かなシナノゴールドとう林檎 黄金色の信濃を思う

それぞれいい歌ですね。
でも、ぼくが一番紹介したかったのはこの歌。
詞書きがあります。「ATPワールドツアー・ファイナル衛星放送で観る」。

・アルマーニのスーツを着たるフェデラーを深夜に母としみじみと見つ

ぼくの感想は、二人ともかっこいい男性が好きなんだ。
ということは、錦織の試合は見ていないかなあ。
そんなことはないよね。


pagetop
「梁」88号が届く。
この雑誌には、楽しみにしている評論の連載がある。
大森静佳さんの「河野裕子の歌鏡」だ。
この号が第三回目。
『はやりを』と『紅』の二冊について論じている。
今回も18頁あり、原稿用紙50枚以上の長編。
若い歌人でこれだけ筆力のある人を知らない。
そういえば、この前大森さんに会ったんだ。
澤村さんの歌集の会で、受付をしていた。
そのとき、今は小浜在住だが、2月には京都に
戻るようなことを言っていた。
もう戻ったのかな。

ところで「梁」も圧倒的に女性が多い。
「棧橋」もそうだったが、
女性のほうが圧倒的に意欲がある。
平安朝の感じかな。

pagetop

立春

2015/02/04

立春。暦通りの暖かさ、と言っていいくらい、
昨日までの寒風は止んだ。
今日の高野さんの短歌日記 はこんな歌。

・この人の歌は磨けば光らむに磨き足らぬを選ぶ哀しも

日記の記述は「コスモス四月号詠草の選歌をする。」。
この歌を読んで思ったのは、
「この人」は、ひょっとしてぼくのことかなということ。
冷や汗が出てきた。
推敲不十分の歌ばかり提出しているから、
こういう被虐的な感想が出てきてしまう。
四月号が届けば、
高野さんがどの欄を担当したのか分かるので、
それまで腹をくくっておこう。
でも、よくよく考えてみたら、
ぼくの歌は、果たして磨くと光るのだろうか。
磨いてもあまり光らないよなと思う。
それならぼくではない。
しかし、こうなるとかなり自虐的になってしまう。

さて、ぼくのほうの選歌は、今日終了して発送。
初回なので、どんなものか。
若干不安。
ご指導をいただくしかない。

pagetop

読売文学賞

2015/02/01

ふらんす堂の高野さんの短歌日記を見て、第66回の
読売文学賞受賞に気づく。
もちろん第14歌集『流木』。
今朝の「中日」には記載がなかった。

短歌日記はこうである。

2015年2月1日(日)
歌集『流木』が読売文学賞(詩歌部門)を受賞することになった。光栄であり、とても嬉しい。

・喜びにひたりゐるときよろこびのうしろにあはき哀しみが添ふ

 
「あはき哀しみが添ふ」のところで、ぼくも少し悲しくなった。
ところで、知ったのは夕刻だったが、
何としても読売新聞を手に入れようと、
寒風吹きすさぶなか、コンビニに向かった。
もちろん車で。
幸い、最後の一部が残っていた。
おかげで、
伊藤一彦さんの選評を読むことができた。
とにかく嬉しい。
毎年短歌の受賞者のある賞ではないから、
とりわけ嬉しいのだ。



 
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28