FC2ブログ

角川短歌賞

2017/10/30

角川「短歌」11月号に第63回角川短歌賞が発表されている。
受賞作には特に惹かれるものはなかったが、
次席のカン・ハンナさんの「膨らんだ風船抱いて」はよかった。
特にこの歌。

・カバンには天神さまのお守りと石より重い広辞苑さま
           
 誰しもこの歌には驚くだろう。一つは、カバンに広辞苑を入れて
いるということ。広辞苑はカバンに入れるものではない。机や
本棚に置いておくものである。
長く教員生活を送ってきたが、広辞苑をカバンに入れている
学生にはお目にかかったことがない。
今の学生は、普通電子辞書を持っているのだが、
多分カンさんは、高額な電子辞書は持てず
、紙の広辞苑を使わざるをえないのであろう。
それにしても「広辞苑さま」と「さま」をつけているのだから、
そのリスペクトぶりは大変なものがある。
日本人よりよほど広辞苑を信頼している。
それにしても毎日毎日カバンに広辞苑を入れて大学に
通うというのは、とてつもないことだなあと思う。

そしと、もう一つは「天神さまのお守り」。こちらも驚きである。
日本人なら「天神さまのお守り」はごく当たり前の受験用の
アイテムである。受験を控えた生徒、学生は、挙って天神さまを
祀ってある神社にお参りに行く。
しかし、カンさんは、韓国人である。それでも「天神さまのお守り」を
大切にしているというのは、
それだけ日本文化へ共感を寄せているからであろう。
日本の大学で学位を取得するために必死に勉強している
カンさんにとって、「天神さまのお守り」は欠かせないものなのであろう。

カンさんは、今回が二回目なのかな。
二回目で次席なら、
来年は俵万智さんが三回目で受賞したように、
ぜひ挑戦して栄冠をと思うのは、ぼくだけではないだろう。
来日6年でこれだけの短歌を詠めてしまうというのは、
とんでもないことだと思うから。
pagetop
「短歌研究」11月号が届く。
特集一の「わたしを励ましてくれる、この一冊、この言葉」に執筆。
題は「我といふくらきかたまり」とした。
もちろん、『汽水の光』の
「あきかぜの中のきりんを見て立てばああ我といふ暗きかたまり」に
関わる内容である。

この号に、島田修三さんの「水噴くごとき」20首が掲載されている。
哀切きわまりない20首である。
それ以上は、私には言葉が浮かばない。
いや、言葉をもちいるすべがないというのが、
正しいだろう。
諸兄姉の感想はいかならん。

pagetop

装画

2017/10/19

『高野公彦インタビュー ぼくの細道うたの道』(本阿弥書店)が届いた。
待ち望んでいた一冊なのでとにかく嬉しい。
あちこち開いていて、
装画が水上比呂美さんであると知った。
人名を用いて、その人名にあたる人物の顔かたちを
描いているのだが、なかなかのアイデアだなと思う。
さて、ここからが本題、
小島ゆかりさんが1999年にやはり
本阿弥書店から出したエッセイ集『蛍の海』にも
装画の担当者の名が記されていることに先日気がついた。
二人の名前が記されている。
横井直子さんと横井明子さん。
ここまで書けばもう気付かれたと思う。
横井直子さんは、小島なおさんの本名である。

pagetop

短歌行脚

2017/10/13

今週の火曜日から、短歌行脚という状態。
火曜日。コスモスのO先生賞の選考会に出席。
     会場は、東京の神保町の事務所。
水曜日。午後桑名の公民館の講座に出席。
      前日の疲れが幾分残っていたが、
      話しはじめたら消えていった。
      オノマトペの話をメインに。
木曜日。午前は毎日文化センター。午後大学。
金曜日。午前、午後大学。
土曜日。午後東浦の歌会。
日曜日。午前中村図書館で歌集について話す。
     名古屋市短歌会館所蔵の歌集を中心に。
     午後はコスモスの支部歌会。
月曜日。コスモスの勉強会。

こんな状態。もちろん、大学の授業もすべて短歌中心。
まさに短歌行脚。
   
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -