FC2ブログ
先日ようやく「早稲田文学増刊 女性号」を手に入れた。
1刷が売り切れてしまい、
しまったと思ったが、何と2刷が出た。
おかげで手に入った。
手に入れたかった理由は単純。
安立スハルさんが取り上げられているからだ。
安立(あんりゅう)さんは、コスモスの歌人。
2006年に亡くなられた。
ぼくは残念ながら生前の安立さんにお会いすることはかなわなかった。
第一歌集『この梅生ずべし』を読んだ時の
衝撃は忘れられない。
確か25歳のころだったと思う。
さらに言えば『この梅生ずべし』は現代短歌全集に収められている。
柊書房からは全歌集が出ているが、在庫はあるのだろうか。
手に入れて損はしない歌集だ。
ぼくは『この梅生ずべし』を手に入れたいが、
多分無理だろう。

さて、取り上げられている歌を少し紹介する。

・馬鹿げたる考へがぐんくぐん大きくなりキャベツなどが大きくなりゆくに似る

・金にては幸福はもたらされぬといふならばその金をここに差し出し給へ

・人間のすることなど知れきつてゐるといふ眼の前の男を無言に拒否す

二首目の「もたらされぬ」の「もたら」は漢字だが、難しい漢字で出せない。

ところで、かつて安立さんから、一度だけ葉書をいただいた。
しかし、その貴重な葉書が、いくら探しても出てこない。
多分、歌集か雑誌の間に挟まっているのではないかと思うが、
どうしようもない。
新しい家の書庫に本をおさめる時に、何とか探し出したい。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -