ベト七

2018/04/05

今日の朝日カルチャーの詠草に、
「ベト七」という言葉が出てきて驚きました。
多分ベートーベンの交響曲第7番だろうとは思いましたが、
いくら何でも「ベト七」はなあと話していたら、
ある人が早速検索して、
「のだめカンタービレ」で使われていましたよと
教えてくれました。
そういうことか、こんなふうに言葉は伝播してゆくんだなあと
つくづくと思った次第です。
でも、「ベト七」はどうもなあ。

それからある方の詠草にこんな歌がありました。

・夏の甲子園が終わり春のセンバツが過ぎても未だ「モリカケ」

リズムがとんでもなく変なのですが、
ちゃんと31音になっています。
受講生の中で一番若い人の歌ですが、
最近の20代、30代の歌人と似たところがあります。
こういう歌を短歌として認めたくないという人もいるかもしれませんが、
ぼくは認めますね。
多分、こういうリズムは、個性ではく、
時代の要請なのではないかという気がします。
かっこよくいえば、
時代が新しいリズムを生みだしてゆくということです。

ところで、全然関係ない話ですが、
加藤治郎さんが中心になって進めている
6月2日のイベントですが、
もうキャンセル待ちだそうです。
驚きました。
百数十名は入れる会場のはずですが。
ひよっとして歌人達は、
イベントに飢えていたのだろうかと思いはじめました。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -