FC2ブログ

『邂逅や』

2018/06/30

昨日、西村美智子という方の歌集が届いた。
青磁社から出された『邂逅や』という歌集である。
「邂逅」は「わくらぱ」と読ませている。
帯文を見て、まず驚いた。

「戦後、
高等女学校の生徒が顫えるようにして
のめり込んでいった短歌。
その後、永らく歌から遠ざかっていた
著者が母の死を契機とし、約六十年ぶ
りに作歌を再開しまとめた第一歌集!」

もちろん「約六十年ぶり」に驚いたのだが、
目次を見て、さらに驚いた。
「ぎしぎし歌会」
「稲健さん」
「豊田厚二さん」
「「ぎしぎし」砦の残党」
といった小題のついた一連があるではないか。
そして、永田淳さんの解説、本人のあとがきを
読んで、何と西村さんは、ぎしぎし会のメンバーだったことを知る。
ぼくの感想は、「懐かしい」に尽きる。
ぎしぎし会のメンバーで面識のあるのは鈴木定雄さんと
井上美地さんだけである。
若くして亡くなった方が多い。
存命なのは井上さんだけだと思っていたから驚いた。
念のために「ぎしぎし會會報」の復刻版を見てみると、
後半には、西村さんの詠草が掲載されていた。
西村さんをぎしぎし會に誘ったのは、
恩師にあたる出崎哲朗さんであった。
歌の別れは早かったが、
亡くなられた母親の挽歌が朝日歌壇に掲載されたのをきっかけに
「塔」に投稿しはじめて現在に及んでいる。
昭和6年生まれだから、
今年87歳になられる。
あとがきに「生涯最初の歌集」という言葉があるが、
実に重い言葉であるし、改めて歌の力というものを思う。
三首紹介する。

・数えきれぬ春過ぎたれど出崎先生と浴びしさくらを我は忘れず

・稲健さんロマンチストでありしかな帽とマントに花むくろ載せ

・稲健さん児らに囲まれシャボン玉盛んに売れり昔の四条

「稲健さん」は後に「未来」の論客として知られるようになる稲葉健二である。
もちろんぎしぎし會のメンバーであった。


pagetop
島成郎の母親は、高安綾子という。
こう書けば、誰しも高安国世の縁戚ではないかと思うだろう。
実際に高安綾子は、国世の長姉である。
つまり、島は、高安国世の甥である。
このことは、
松村正直の『高安国世の手紙』にも書かれている。
第30章「六〇年安保とデモ」である。
ただ、松村は島について、
「全学連の書記長」と書いているが、
私は、ひょっとして、
松村は、島がブント(共産主義者同盟)の指導者であったことを
知らないのではないかという気がしてきた。
島は、共産党に入党した後、
その政治姿勢に飽きたらず、
ブントを立ち上げ、60年安保の中心的指導者になるのである。
もちろん反共産党の旗印を鮮明にして。
当時全学連の委員長は、唐牛健太郎であったが、
唐牛はどうやら島に祭り上げられたらしい。
本来は、島が委員長に就くのが順当であったようだが、
あえて島は就かなかった。
ということで、私の説は、
高安は、甥の島がブントの指導者として、
安保闘争に中心にいることを当然承知していた。
だから、「塔」に高安にしては、
珍しい政治的な内容に関わる歌も文章も載せたのではないかというものだ。
このような説についての、
ヒントはもちろん今読んでいる島の評伝によって与えられたものだ。
松村がこの評伝を読んでいるのかは、分からないが、
読んでいないようなら、読んでほしい。
というより、すぐにでも読むのではないかと思うが。
島成郎という、たぐいまれなるオルガナイザーと、
高安国世との関わりは、
一度論じてよいのではなかろうか。
pagetop
一昨日、「路上」141号が届いた。
この号には、二つの日記が掲載されている。
一つは、佐藤通雅の叔父の千葉壽郎の日記。
もう一つは、佐藤自身の「読書ときどき日記」。
この日記は、佐藤幹夫の『評伝 島成郎』(筑摩書房)の読書日記。
この読書日記を見付けて、すぐ読み始める。
実は、この島成郎の評伝は、新聞の読書欄にも取り上げられていて、
かねてより読みたいと思っていたからである。
島について、私が知っていたのは、
60年安保闘争で最も果敢に戦ったブントの指導者ということと、
その闘争の過程で吉本隆明と親交をもったということだけ。
ところが、この日記を読んですぐ知ったのは、
60年安保が敗北に終わった後、
運動とは一切関わりを絶ち、
大学に復学し、後に、返還前の沖縄に精神科医としてわたり、
沖縄の精神医療の柱となっていったということ。
ということで、この評伝を何としても手に入れて詠まなくてはいけないと思い、
昨日大学の講義を終えた後、駅前の三省堂本店により、
手に入れ、すぐ読み始める。
350頁ほどあるので、
少し時間はかかりそうだと思った。
でも、読み出すと、全く知らなかった精神医学の世界と、
沖縄が精神医療の面で、さまざまな事情から、
本土とは比較にならないほど遅れていたことなど、
次から次へと語られていくので、止まらない。
きりをつけるのが難しい。
pagetop
昨日は、恒例の中日新聞社との懇親会。
中日新聞社北館のお城側にあるKKRホテルで。
中日新聞社からは、文化部長、文化事業部長、文化部記者、文化事業部担当の4名。
中日歌人会からは、役員5名と顧問の小塩さん。
文化部長、文化事業部長は、昨年変わられたので、
初めてお目に掛かる。
それぞれ見識のある方で、2時間弱の会は、
和気藹々とした雰囲気に終始した。
記者さんも、短歌関係の記事の計画を話していただき、
楽しみが増えた。
私も10年以上、この懇親会に出席しているが、
これだけ楽しく過ごせた会はない気がする。
興味深い話もたくさん聞けて、
収穫の多い会だった。
誌面についても、非常に嬉しい情報を得られたので、
その点でもよかった。
帰宅は10時前。
pagetop

凡作駄作

2018/06/22

高野公彦さんの『雨月』にこんな歌がある。

・作者知るゆゑに凡作駄作にも惹かるることの無しと言はなくに

作者の人柄が滲み出ていれば、
短歌としては、凡作駄作と評価せざるをえないにしても、
自分は、歌そのものに惹かれることがないわけではないと
いうふうに理解したい。
歌の評価に対してはかなり厳しいと見られている
高野さんにも、こんな面があるというのは嬉しい。
歌の評価というのは、
もちろん理路整然とできるはずがない。
つまり字面だけでは到底評価しがたいものがあるのだ。
それを曖昧だとして批難するのは簡単だが、
果たしてどうだろう。

pagetop

勝った

2018/06/19

締め切りがいくつかあるので、
見ている暇がないのだが、
やはり見てしまう。
しかも、すぐに勝利は得られない状況になるのではと
予測していたが、あにはからんや、最初からリードしているから、
見ざるをえない。
ということで、見てしまいました。
勝ちました。
これで、16強に入る可能性も出てきました。
どうも気分が高揚しない日々が続いていたので、
多くの人が少し気持ちに高まるものを得られたのでは。
pagetop

全国大会

2018/06/19

昨日「コスモス」7月号が届く。
恒例の全国大会の案内が掲載されている。
今年も東京で、
9月22日と23日。
22日には、藤島秀憲さんの講演がある。
コスモスの大会で、
外部講師による講演があるのは、久しぶりではないだろうか。
ということで、早速、申し込みするのではなく、
宿の確保をする。
東京でのコスモスの大会は、
宿は自分で確保するという約束になっているので。
宿をまず確保してから、
申し込みをすることになる。
宿は確保できた。
大会会場のアルカディア市ヶ谷。
さて、今年は、何人集まるのだろう。
150人は無理かな。

pagetop

地震

2018/06/19

昨日の朝、パソコンに向かっていたら、
揺れ出して、少し驚いて、テレビをつけると、
大阪のほうで震度6弱というではないか。
午後名古屋へ行く予定はあったが、
まあ、こちらにはそんなに影響はないなと思って、
のんびりかまえていた。
それでも、少し早めに11時半過ぎに駅を行くと、
何と下りがかなり遅れているという。
いったい何時の電車が来る予定なのかと聞いたら、
9時10何分というではないか。
2時間以上遅れている。
これでは、1時までに会場に着けないと思い、
名鉄電車で行くことにした。
結果的にこの選択が正解。
乗り換えの時間も少なく、
いつもより早く名古屋駅に着いてしまったくらい。
帰りは平常になっているかと思ったが、
考えが甘く、間引き運転になっていた。
離れた地域のことだからとたかをくっていると、
痛い目に遭うという教訓を得た一日だった。
pagetop

回答

2018/06/17

昨日の「塔」の「作品2」欄の方の作品を探しにくいという件について、
早速編集長の松村さんからコメントをいただきました。
会員の方からも、同様の意見は出ているとのことで、
考えてみたいとのことでした。
ただ、「作品2」欄に所属する人には、
ひよっとして、探しにくい方が楽しみが増すような気もします。
それから、各選者による並べ方が、最初のほうと最後のほうに
優秀作品を置くというのは、なかなか面白いですね。
普通は前に置くか、別にその月の優秀作品だけをまとめた欄を
置いているのですが。
前のほうを見て自分の作品がなくても、
ひょっとして後のほうにあるのではないかという期待感はありますからね。
だから、「作品2」欄の方は、いろいろ楽しめるとは思います。
でも雑誌が届くや、一刻も早く自分の作品が何首取られているかを
知りたい人は、きっといらいらするでしょうね。
でも、それぞれの雑誌の個性ということもありますから、
あまり外部の人間が言うのもということで、
これくらいにしておきます。
逆にコスモスの場合は、あまりに分かりやすいというところはありますね。
「まひる野」もなかなか探しにくいなと思います。
pagetop

疑問

2018/06/16

「塔」6月号が届いた。
ぼくのところに、そんなに結社誌が届くわけではないが、
その中で「塔」だけは、割と熱心に読む。
それと、知り合いが「塔」に入ったので、
その方の作品も確認したいとうことも重なって
より熱心に読むようになった。
しかし、「塔」という雑誌は、
一言で言えば、探しにくい。
その方は「作品2」欄になったのだが、
この「作品2」欄が圧倒的に人が多い。
「コスモス」の場合は、どの欄も地域ごとに並べられているので、
実に探しやすい。
「あすなろ」欄で愛知県在住と分かっていれば、
すぐその作品に行き当たる。
「塔」はそうではない。
とにかく順番に見ていかないと見つからない。
その方は5月号では、三井修選だったので、
三井修選欄だけは見ない。
それで他の方の欄を探す。
そして、今月は松村正直欄だということを確認する。
6首載せられている。まあまあだ。
先日お会いした時は、最近スランプだと言われていたので、
少し今後が心配だ。
でも、熱心に詠んでいるから大丈夫だと思う。
それにしても、この「作品2」欄というのは、
何か並べるルールというものがあるのだろうか。
それさえ分かれば、
こんなに苦労しないのだが、。
多分、何かルールがあるのだが、
外部の者には、理解しにくいだけかもしれない。

ところで、この6月号で恐ろしい歌を見付けた。
栗木京子さんの歌。

・回転が足りませんねとつぶやきて寒き夜われは選歌してをり

平壌オリンピックに関わる5首のうちの1首だが、怖い。
でも、まあ、ぼくも選歌するとき、
あと一歩足りないなと思い、選を外すことがあるから、
同じようなものかもしれない。
でも、怖いなあ。


pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30