FC2ブログ
藤原マキさんの『私の絵日記』を読み始めると、
なぜか涙がにじんでくる。
藤原さんの人生そのものへの憐憫ということが
あるのかもしれない。
又一人息子の正助くんの将来を憂うということがあるのかもしれない。
「週刊文春」の立花隆の文章を読んで知ったのだが、
藤原さんが飲み屋を始める時のアドバイザーが
立花さんだったとのこと。
つまり立花さんも新宿で飲み屋をしていたということなのだが。
こちらも驚き。
すでに以前書いたが、
藤原マキさんはもちろんつげ義春夫人。
『私の絵日記』の一番新しい版は、
ちくま文庫版だと思う。
解説を佐野史郎が書いている。
佐野史郎は、状況劇場の藤原さんの15年後輩。
分かりやすく言えば、藤原さんは、佐野さんの大先輩ということ。
なお、つげ義春さんは存命。
傘寿は超えたはず。
正助くんと二人で暮らしている。
もちろん、つげ義春が漫画を書くなどということはない。
一作100万という金額がついたとしても、
つげ義春は絶対にやらないだろう。
そういう人だ。
とにかく天才なんだ。


pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30