FC2ブログ

訃報

2018/08/31

学生時代からの友人が29日に亡くなったという訃報が届いた。
数年前に倒れて、リハビリをしつつ、
何とか執筆活動を再開したいということは聞いていたが、
結局見舞いに出かけることはなかった。
コスモスの関係する用事で、年に何度か東京へ行くので、
そのついでにとは考えることはあったが、
果たせなかった。
彼と最後に会ったのは、アルカディア市ヶ谷近くの居酒屋だった。
ぼくが彼の働きぶりを聞いて、
いくらそれは何でもきついぞと忠告をしたことは覚えている。
それから、間もなくだった、彼が倒れたのは。
彼の仕事はぼくと同じ、大学の非常勤なのだが、
その掛け持ちの量が多すぎた。
コマ数を聞いて信じられなかった。
確かに彼の専門分野は人が少ないので、
あちこちから声をかけられて、無理を続けたのだと思う。
明後日が、葬儀なので、
横浜まで出かける。
遺影の彼を見るのがこんなに早くなろうとは。
本当は、彼といろいろ語りあいたかったのだが。
彼とはずっと教育論を語り合ってきた。
短歌の話をしたことはほとんどなかった。
多分、こういう別れをこれから何度でも経験するのだろう。
したくはないが。
pagetop
「コスモス」9月号の「コスモス便」で
高野公彦さんが『現古辞典』の紹介している。
高野さんは「現代語から古語を探し出せる便利な辞典である。」
と書いている。
河出文庫から出ていて、税別1400円。
早速購入。
ぼくの場合は、
自分の歌に、助詞、助動詞以外は、
古語はあまり使わないので、
実用的というより、単なる好奇心で求めた。
例えば「ガールフレンド」を調べると、
何と「おんなともだち」が出てくる。
現代語ではないかと思って、出典を見ると、
これが「後撰集」なのである。
10世紀には、「をんなともだち」という語が使われている
というのは、何とも不思議な感覚だ。

ところで、「コスモス」の編集後記は、「コスモス便」というのだが、
創刊当時からそうだったのかな気になってきた。
調べてみよう。
pagetop
「鱧と水仙」51号が届いた。
ページを繰っていて、驚いた。
この「竹の子日記」が引用されている。
松村正直さんの「緩さと自由」題する文章に
引用されている。
50号が出された時に少し感想を書いたのだが、
引用されている箇所は、なかなかきついことを言っている。
書いている時は、そんなにきついことを書いた覚えはなかったのだが、
こうして引用されて、コメントをされると、
やはり厳しいことを書いたのだと納得してしまう。
それにしても、前にも書いたが、
毎号遅延なく、刊行されるのは素晴らしいと思う。
超結社の同人誌というのは、
定期刊行がネックなのだが、
ここをきちんと押さえているのは、
編集スタッフの目に見えない努力があるのだと思う。
ぼくも現在「灯船」という結社内の同人雑誌を編集しているので、
定期刊行ということの難しさを実感として分かる。
幸い「灯船」は、同人諸氏の協力を得て、
定期刊行を遅滞なく行っているが。
pagetop

地の1

2018/08/12

先に書いた「凄い歌」の次に選んだ歌がこの歌です。

・夫在らば「かかって来い」と炎帝に言いて鮎釣りに出掛けしならむ

夏の暑さに対して、とても威勢がいい。
こうでなくっちゃと思います。
暑い暑いと言っても、何ともなりませんからね。

ということで、この歌は次席の歌です。
この会では、次席は「地の1」となります。
次が「地の2」。
その次が「人の1」、「人の2」「人の3」
という具合です。
この歌会の参加者は、
みなさん相当のベテランですので、
本当はそんなに差はつかないのです。
だから、ぼくの好みということで選んでいます。
最初のころは、参加者の一喜一憂が気になりましたが、
最近は、開き直ってきましたので、
気にならなくなりました。
さて、来月はどんな歌に出会えるのかな。

pagetop

凄い歌

2018/08/12

月に一回、隣町の短歌会の歌会に出席しています。
8月の会は、昨日ありましたが、
何とも凄い歌に出逢うことができましたので、
紹介させていただきます。

・納棺用にととりおきしレイを身にまとい姉妹会に踊るフラダンス

かなり字余りで、リズムも乱れていますが、
その乱れ具合すら応援しているような歌です。
「納棺用」にしまっておいたフラダンスに用いるレイを
また出して、姉妹会で踊ってしまうというのだから。
この方はもう90歳を超えていると思いますが、
それにしても、よくぞこのような歌を詠んだものだと
ぼくはあきれかえっていました。
一応ぼくが、歌会に出された作品の天地人を決めるので、
もちろん天の歌に選びました。
まさに文句なしです。
因みに、ぼくも出詠しましたが、
相変わらずの成績で、ゼロ票でした。

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -