FC2ブログ
大会である方から、
「さつき」という雑誌の15号をいただいた。
大田区の区民講座参加者たちで立ち上げた
「さつき短歌会」という会の雑誌のようだ。
中を見て、
驚いたのなんの、
安宅夏夫の歌や文章が掲載されているではないか。
確かぼくが20代のころには、
石川県在住だったと記憶しているが、
その人が、今東京で地域の雑誌にものを書いているというのは、
もう驚くしかない。
歌集や詩集も何冊か出しているはずだ。
この雑誌には、
「物語「魔の山」」という題で文章を書いている。
登場するのが、深田久弥、室生犀星、佐藤春夫。
もちろんこの三方との出会いを書いているのである。
しかし、安宅夏夫の名を覚えている人は
どれくらいいるのだろうか。
懐かしい名前になってしまったのかもしれない。

pagetop
結婚の報告のはがきが届いた。
いったい誰なんだろうと写真を見てびっくり。
かつての勤務校で短歌の指導らしきものをした生徒からだった。
短歌研究新人賞に応募し、次席まではいけたが、
受賞はかなわなかった。
それが理由かどうかはわからないが、
それ以降短歌の世界には足を踏み入れていない。

もう一葉はがきが届いた。
石川美南さんから。
「休休通信」の(1)というもの。
石川さんとゲストの川谷ふじのさんの歌が交互に載っている。
計8首。
川谷さんは第61回短歌研究新人賞受賞者。
受賞と次席の違いを思う。
石川さんの住所が市川市菅野。
今日届いた歌集『土星蝕』の著者田中薫さんは、
市川市国分。
市川市つながりでいえば、
日高尭子さんは、市川市北国分。
そして、高野公彦さんは、
市川市塩焼。
市川市は歌人の多い町なのだろうか。


pagetop

大会

2019/09/30

土曜日、日曜日とコスモスの全国大会に参加。
会場は、例年どおりアルカディア市ヶ谷。
愛知からは8名が参加し、注目された。

歌会のグループは高野さんと同じグループ。
高野さんの読みにひたすら感動。
そして、つくづくわが歌の読みの甘さと不勉強を痛感した。
まだまだ修行が足らないと深く反省。

来年の大会が5月と聞き、びっくり。
何と八か月を切っているではないか。
今まで9月に開催してきたが、
台風の襲来でできなくなりそうな時もあったので、
5月になったようだ。
pagetop

驚いた

2019/09/25

夕刻帰着。
歌集が5冊届いていた。
数には別段驚かなかったが、
5冊とも出版社が違うことに驚いた。
角川でもなく、短歌研究社でもなく、
現代短歌社でもなく、いりの舎でもなく、
本阿弥書店でもない、
五つの短歌専門の出版社で作られた歌集が。
もう一つ驚いたのは、
歌集はすべて女性歌人のもの。
男性歌人の歌集はなかった。
そういえば、最近は、第一歌集を出す
男性歌人は減っているような気がしてならない。
ベテランの歌人はどんどん出しているが、
第一歌集を出す男性歌人は、
女性歌人よりかなり少ない。
単純に男性歌人の数が少ないだけかもしれないが。

pagetop

不在

2019/09/22

明日の朝から、出かける。

帰宅は水曜日の夕刻になる予定。

ということで、用事のある方は、

水曜日の夕刻以降にお願いします。

なお、28日、29日は、
コスモスの全国大会で不在になります。
会場は、アルカディア市ヶ谷。
土日開催でもう少し参加者が増えると思ったが、
そんなに増えなかったのは残念。
高齢化の波がおしよせている。

pagetop

『梨の花』

2019/09/22

小池光さんの第10歌集『梨の花』を堪能中。
こういう言い方はよくないとは思うが、
とにかく面白い。
泣き笑いより、笑い泣きという感じ。
たとえば、こんな歌。

・未発表の歌百首ばかりたまれるは財布に金の唸るがごとし

同感するしかない。
ということは、たまったという経験が全くないから。
つまり、ぼくの財布はからっけつ。
こんな歌もぼくには面白い。

・「未来」金井秋彦選歌欄にわづかの人が居たりしをおもふ

この歌には詞書があって、
「大島史洋歌集『ふくろう』読後」とある。
「未来」が複数選者制に移行したとき、
金井秋彦選歌欄もできた。
できのたのはいいが、
この選歌欄を選んだ会員は少なかった。
ぼくの記憶では、二桁のときはなかったと思う。
でもいたことはいた
それにしても、
金井秋彦選歌欄が歌の材料となるとは。
こういう歌を面白がる人はそうはいないだろう。
ぼくはなんだか懐かしい思いをもちながら読んだ。

ところで、この歌集はいったい何首掲載されているのだろうか。
もちろん「あとがき」には書いてない。
だいたいの勘でいうと、600首くらいかな。
でも、そんなにあるという気がしない。
えっ、もうこれで終わりという感じだった。
ぼくがあまりに面白く読んだせいかな。

pagetop
「柊と南天」第3号が届いた。
ぼくが編集している「灯船」と同じように
塔短歌会のメンバーで作っている結社内同人誌。
ただ、メンバーは、全員昭和48年、49年生まれの同学年
に限られている。
それでびっくり。
ということは、
ぼくがコスモスに入会したのは、
昭和48年の8月だから、
ぼくのコスモス在籍年数が、
この「柊と南天」のメンバーの年齢と同じということになる。
要するに偶然のことなのだが、
なんだか親近感をもってしまう。
しかし、46歳というのは、なかなか厳しい時期だった気がする。
ぼくの場合は、あまり短歌に時間を割くことができなかった時期だ。
このメンバーはどう克服していくのか。

それで、
内容には触れないが、
雑誌としては活きがいいなあと思った。
雑誌づくりを楽しんでいるなあとも思う。
それから、蟹澤さんのイラストがいい。
こういうイラストはぼくは好きだ。

pagetop
松村正直さんの『紫のひと』を読んでいる。
読み終えるのがもったいないから、ゆっくり読んでいる。
ゆっくり読んでいたら、こんな一首に出会った。
六十歳過ぎてから、秋になると、
いつも浮かびあがってくる思いを、
実にうまく詠みこんでいるなあと感心してしまった。

・年を取る速さのように身に沁みる日に日に昼が短くなるは

そう、これからどんどん日が短くなる。
夜がいきおいをつけてやってくる。
夜の顔にも精気がましてくる。
それを若いころは意識しなかった。
今は嫌になるほど意識する。
つまり「身に沁みる」。

こんな歌もある。なるほどなあと思う。
こういう歌は気持ちが和む。

・ミーアキャット、エリマキトカゲ、チンアナゴ 立ってるものを人は喜ぶ

人間のもつ仲間意識のせいなのだろうか。
なぜか「人は喜ぶ」。
pagetop
「まひる野」9月号が届く。
表紙裏の「最近の諸誌に探る」には、
高野公彦さんの作品が取り上げられている。
もちろん「コスモス」9月号に掲載された5首について。
この5首のうち、
5首目の、
「まだずつと生きてゐたいが真夜さめて寂し無音の真洞のひとり」について
篠弘さんは、
「真洞は居酒屋の名か」と書いているが、
「真洞」はマンションの部屋のことだと思う。
「真洞」という名前の居酒屋があるのなら、
一度行ってみたい気もするが、ちょっと怖い。
この歌は、
マンションの一人住まいの孤独を詠んだ歌だろう。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -