FC2ブログ
「鱧と水仙」の第55号が届く。
今号の特集テーマは、
「コロナとの日々」。
発案者は坪内稔典さん。
作品ありエッセイありで読み応えがある。
ところが、発案者の稔典さんは、
「マスクのなかの岡井隆」というエッセイを書いていて、
コロナの話題てはなく、岡井さんと二人だけになったときに
聞いてみたい三つのことについて書いていた。
三つ目がきわどい質問。

「どうして歌会始の選者になり宮内庁御用係をつとめたのですか、
ということ」

この勢いで、同じく歌会始の選者、三枝さん、永田さんにも噛みついている。

そういえば、現在の御用掛の篠弘さんが、
「短歌研究」10月号のインタビュー記事で、
岡井さんの最初の奥さん、二番目の奥さん、三番目の奥さんについて語っている。
最初の奥さんは「未来」の仲間の山口智子さんなのだが、
なぜか篠さんは、特定できる情報を語りつつ、
固有名詞は出さなかった。
二番目、三番目の奥さんについては、
初耳のことがいくつかあり驚いた。
あの九州行きについては、
最も詳しく知っている人は、
篠さんだけになってしまったんだなあとつくづく思う。


pagetop

三月書房

2020/08/29

高橋千恵さんの第一歌集『ホタルがいるよ』(六花書林)にこんな歌がある。

・こってりの胃を引っさげて見つけたり寺町通りの三月書房
・歌集五冊を背負いつつ六地蔵行きに乗り換えようやく座る

もちろん京都の三月書房を訪ねた際の歌である。
五冊も買い込んだのだ。
ぼくも一度だけ訪ねたことがある。
三冊くらいは買ったかなあ。

この三月書房がなくなってしまう。
すてに地べたの本屋のほうは閉店してしまい、
通販のみになっている。
通販のほうも今後閉店するようだ。
短歌関係の雑誌も多くとり扱っていて、
歌人にとっては、聖地の趣もあったが、
ぼくも通販ではよくお世話になっていて、
本当に残念だ。
短歌関係の友人たちから、
歌集を手に入れたいという相談があると、
まずは三月書房のホームページで確認して
手に入れるといいよと言っていたが、
これも今後はできなくなる。

大きく時代が変わろうとしているときの
ひとつの余波なのだろうか。

pagetop
今日の中日新聞の夕刊に、
「つぶやく短歌」の四回目が掲載されている。
今回は、大松達知くんが登場している。
コスモスの仲間がこういう欄に登場するのは、
率直に言ってうれしい。
コスモスの人は、あまり表に出ることを好まない。
正確に言えば苦手なのだ。
優れた歌を詠む人はたくさんいるが、
歌壇という場には出たがらない。
欲がないというより、
短歌というものはそういうものだという考え方だろう。
目立つ必要はない。
自分の詠みたい歌を詠む。
それで十分だという人が実に多い。
さて、大松くんの文章だが、
教員の立場から、
今の教育の現場を語っている。
特に生徒たちに対するまなざしは鋭い。
とんでもない日々を送る
生徒たちの心がどのように変化してゆくのか。
答えは、数年後には出るだろう。
pagetop
「NHK短歌」9月号の「歌会ウオッチング」欄に、
ぼくが編集している「灯船」の紹介記事を書いた。
まず「灯船」という雑誌がどのような経緯で生まれたのかについて。
それから一日がかりで行う批評会につて。
そして、2月22日に行った17号の批評会について。
短歌関係のリアルの集まりでは、
この22日が最後だったようだ。
この後は、ほとんど中止、
あるいは人数を大幅に減らして、
オンラインでの開催となっていった。
まさに怒涛のような半年だったが、
まだ先は全く不透明。
どのような予測も当たる保証がない。
わが「灯船」の批評会も、
年内に予定していた批評会はすべて中止。
年齢層が高いので、オンラインも無理。
今後どのようにして批評活動を行うか
しっかり検討していくべき時期に入ったようだ。

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -