FC2ブログ
ちくま文庫の新刊で『神保町「ガロ編集室」界隈』が出されることを知り早速手に入れた。
著者は高野慎三である。
かつて「ガロ」の編集にたずさわっていた。
高校生時代「ガロ」を読んでいたが、
そんなに熱心な読者ではなかった。
ただ今にして思うと、非常に残念なことをしてしまったとつくづく思う。
つげ義春の初出が掲載されている「ガロ」も持っていたのだが、
みんな処分してしまった。
一冊でも残しておけばと今更ながらに思う。
本当に後の祭りというしかない。
ところで、この本を手に入れた一番の理由は、
つげ義春の息子さんの正助くんが、
巻末の高野との対談に登場しているからである。
正助くんについては、母親の藤原マキさんの日記でしか
知ることはなかった。
今回正助くんの発言を読んで、
つげ義春やマキさんと比べて
ずいぶんしっかりした大人なんだと感心してしまった。
要するに先入観があったから、いけなかったのだ。
つげ義春の近況についても語っているので、
つげ義春ファンの方は、必読だと思います。
ただし、残念ながら、
新作を描くということはなさそうです。
pagetop
「NHK短歌」3月号の寺井龍哉さんの入選歌・佳作歌の中に、
高橋みどりさんのこの歌が選ばれていた。

・面談は「三者」にしますと伝えれば祖母も呼ぶかと聞く生徒あり

今回のテーマは「笑える歌」。
確かにこの歌は、教員経験者には、笑いのとれる歌だ。
多分生徒の「三者」は、
自分と母親ともう一人。
担任は「三者」ではないのだ。
だから、生徒は、
私とお母さんの他に誰を呼ぶんだろうと考えて思いついたのが、
祖母なのだ。
これが「父」では面白くない。
三者面接に呼ばれるはずのない「祖母」が登場するから面白い。
ただ、現実には、
入学式、卒業式に、祖父母が参加する時代だから、
この生徒の発想も別に特殊ではなくて、
「三者」なら「おばあちゃん」にきてもらうのかなと
思ったのだろう。
それにしても、担任の高橋先生はぎょっとしたことだろう。
女三人を前にして、面接なんてできるのかしらと。
そうか、この生徒の性別は分からないんだ。
でも、女子生徒でないと面白くない。

pagetop

一年前

2021/02/22

一年前の今日、
東京の新宿の明宝ビルで、
「灯船」16号の批評会が開催された。
ゲスト批評者の藤島秀憲さんを含めて
25名が参加。
あれ以来、一度も批評会は開催されていない。
今年も果たして開催できるがどうか。
目途は全く立っていない。
あれ以来、
東京へも行っていない。
東京へ行くことができるのは、
早くても今年の秋以降になるかな。
仲間と会えないというのは、
何ともつらい。
会えなくても、雑誌を作ることはできるが、
お互いの作品について、
生の声で語り合うということがないのは、
やはり手ごたえがない。
あと、どれくらいの我慢になるか。


pagetop
本日『鬼滅の刃』全23巻読了。

現代版鬼退治の物語、何とか読み終える。

後半は加速がついてしまい、

読んでいるのか、見ているのか分からない状態になってしまった。

でも、読んで後悔はしていない。

映画は見ていない。


pagetop
「塔」2月号の田宮智美さんの歌。実に刺激する歌だ。

・老後資金崩して編めば一七六頁の第一歌集は墓と思いぬ

そうか「墓」なのかと思いつつ、
でも、田宮さんは、歌集を出して歌人になったことは間違いない。
歌集を出したからといって、
それで歌人になれるわけではない。
ただし、ここでぼくが言う「歌人」というのは、
ぼくが評価できる歌を詠む人という意味であって、
普通名詞ではない。
普通名詞なら、
歌集を出した人は全員歌人でいいということになるだろう。

もちろん田宮さんの第一歌集というのは、
『にず』(現代短歌社)のこと。
昨年7月25日発行。
こんな歌もいい。

・「りんしょく」は臨時職員の略にして「吝嗇さん」とは呼ばれていない
・休日のわたしがガラス戸に映りふつうの女の人のようなり





pagetop

山崎方代

2021/02/13

川島結佳子さんの『感傷ストーブ』にこんな歌がある。

・川島さんは山崎方代を読みましょう。「かたよさん」ではないことを知り

「かたよさん」に驚いた。
「かたよ」と読むのは、なかなかものだ。
ぼくは「まさよ」と読んだ。
そして、当然女性と思っていた。
川島さんもそうだ。この歌の後に次の歌がある。

・軍隊時代の山崎方代の画像あり女性でないことも分かった

「ほうだい」と読むという発想がそもそも湧かないから、
山崎方代は、最初はいつも女性として登場してしまう。
もちろん、歌を読みだすと、すぐ男性と分かるのだが。

ところで、川島さんの方代を詠んだ二首の後に、
次の二首が置かれている。

・筆圧をいったいどこに置いてきたのだろう君の困った文字は
・「ねぇセックス、してくれないかな」と私言うお冷の氷からから揺らし

一首目の「文字」は違和感がある。
ぼくなら字余りにして「くせ字は」とするのだが。
二首目の「お冷の氷」のリアリティーに、脱帽。
とにかく下句は素晴らしい。
上の句については、特にコメントしない。
すでにいろいろコメントはあったようだから。
参考までに言えば、
「八雁」の1月号の大川さんの評論に、
この歌は取り上げられている。


pagetop
「まひる野」2月号の「マチエール」のトップは北山あさひさん。
8首掲載。その中から5首紹介する。
とにかく元気いっぱいの歌で、励まされてしまう。
ただ一首目の「ガースー」については、
ぼくは同情的だ。あの人が放り投げた政権をやむなく
引き受けてしまったのだから。
あの人は結局国民のリーダーになれない人だったのだろう。

・国民総見捨てられ社会「ガースー」のへらへら笑いに泣いてしまいぬ
・税金を払いたくないぜったいに払いたくない雨のち吹雪
・大分や彦根や岐阜より届きたる手紙がむむっと御守りになる
・おじさんがおじさんと作るおじさんのための社会の隅に騎乗す
・小樽生まれ小樽育ちのわたくしの歌集が小樽図書館にある

三首目は、たぶん『崖にて』への礼状が全国から届いていることなのだろう。
pagetop
「うた新聞」2月号の「野ボール応援歌!」の第11回で
中日ドラゴンズを書きました。
中日のファンは、歌人にはあまりいないらしく、
ある夜突然いりの舎から電話がありました。
「鈴木さん、中日ドラゴンズのファンですか」と。
もちろんと答えました。
ほとんど生まれた時からファンだから、そう答えるしかない。
生まれた時からのファンという理由は、
読んでもらえばわかると思います。
とにかくかなり年季の入っているファンなので、
とりあげた選手も、
50代以下の人は知らないのでは。
ロッテファンの大松くんは多分知らないだろうな。
カープファンの桑原さんなら知っていると思うが。
今年戻ってきた福留などは、
ぼくに言わせれば、かなり新しい選手だ。
pagetop
北山あさひさんの第一歌集『崖にて』について、
「コスモス」2月号の「展望」欄で書いています。
コスモスのホームページで読むことができます。
とにかく、読むと元気をもらえる歌集というのが、
北山さんの歌集の特長でしょう。
現場の歌という側面もあるから、
余計にそう思うのかもしれません。

なお、「コスモス」の展望欄は、
要するに時評的文章を載せる欄ですが、
昨年の四月からぼくと大西淳子さんのコンビで書いています。
二年という約束ですので、
このコンビは、来年の3月号まで書くことになっています。
数十年前には、
松平盟子さんとコンビを組んで
書いていたこともあったのですが、
いやあ、長く書いていますね。
時評的な文章を書くのが嫌いではないから
続けることができるのでしょう。
ただ、できるだけ今のことを書こうとすると、
いろいろな出版物に目を通さないといけないので、
負担になりますね。
だから、最近は、基本的に総合誌はあまり読まない。
気骨のある編集者が減り、
総花的な企画が多く、
取り上げようという気があまり湧かない。
だから、時評的な文章で、
律儀に総合誌の特集について書いているのを見ると、
えらいなあと思います。

今はとにかく、読んで、いいなあという歌集に出会うことができるのを
願いつつ書いています。
そうすると、なぜかそういう歌集に出会えるから不思議です。



pagetop

最後の晩餐

2021/02/03

今日届いた小見山輝氏の『歌の話Ⅲ とりふね』に
「最後の晩餐」と題するエッセイがある。
元々は「最後の晩餐」という「現代短歌」の特集記事に
ついて書いたものである。
24人の回答の中で、小見山は、志垣澄幸、高野公彦、時田則雄の回答を取り上げている。
高野公彦の回答中の作品は以下のとおりである。
もちろん孫引きである。

・口中に蝉を含みて逝きたしや高野公彦白寿の頃に

この歌について、小見山は次のように述べている。

蝉を含むというのが解らないのだが、横笛の口の
あたりのことか。或は蝉声そのものか。百歳を前に、
蝉を口中に含んで逝きたいのだそうだ。しかし読む
方が解し得ないのが残念。

とんでもない読みなのだが、知らない者には当然分からないのだ。
私も知らなかった。
ただこの本の編集者はとても丁寧な方で、
ちゃんと以下のような注を入れている。
良心的編集と言えよう。

編集者注  「龍」掲載後に古代中国の風習と知る

実にありがたい注だ。
それにしても、高野さんはどこで、こんなことを知ったのだろう。
なお、この本の編集者は、娘さんの小見山泉氏。
それにしても「とりふね」という題はよく付けたものだと感心した。
コスモスの人間としては、恐れ多くてこういう題はつけられない。




pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -