2月10日

2012/02/15

「棧橋」110号の締切日。
今回は48首。
一週間前には、影も形もなかった。
しかし、何とか数はそろった。
昼頃までずっと差し替え作業に専念し、
午後何とか速達で発送。
出来映えには全く自信なし。
しかし、こういう刺激はいいなあと思った。
ゼミの学生達には、
春休みの課題として36首提出を指示したが、
これから彼らの悪戦苦闘が始まるだろう。
数を増やして詠まなければならなくなると、
それまで詠もうとしなかったことにも、
視線を向けるようになるが、
これがまず一つ大事なこと。
それから、詠みつづけると、
次第にトランス状態になってくる。
これがいい。
今までの自分では
思いつかないような発想が生じるのだ。
トランス状態になると、
ひょっとして自分はかなり才能があるのではないかと思うことがある。
ただし、ぼくの場合、
ここまで行ったのは、数回しかない。
そして、その歌を「棧橋」に出したことがある。
批評会では、
けちょんけちょんにやられたが、
最後でどんでん返し。
何と高野さんにほめていただいた。
だから、
もちろん第一歌集にも入れた。
選歌は高野さんにしていただいたが、
当然高野さんは、一首もその歌については
落とされなかった。
まあ、こういうことがあるから、
何とかトランス状態になりたいものだが、
そうはいかない。
高野さんのような歌人は、
ひょっとしてトランス状態になりやすいのかなあ。
もちろん弛まぬ努力を前提にしての話だが。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30