河野さんの文 続

2012/03/30

「コスモス」の1968年4月号の
「二月号の十首」欄に、
河野さんの歌が採られている。

・続け様にマッチを擦りて息を吸ひ何をか君は言はむとしたり

選んだのは森美禰さん。
もちろん故人。
河野さんは、今回は自解を書いている。

「言ってはならないことを、言ってしまった。唇をふるわせな
がら、彼は怒っているような、かなしんでいるような眼をして
私を見つめた。そうして慌しくマッチを擦った。マッチの炎に
赤く照り翳る、てのひらの内側が、うつくしかった。次の瞬間
、吐き出される言葉を、私は待っていた。」

さてここで登場する「彼」は誰なのか。
自筆年譜によれば、前年に永田和宏さんに
会っているから、永田さんなのかな。
もちろん、確証はない。
松村さんに確認してもらうしかないかな。

ところで、4月号には昇級が発表されていて、
河野さんは「あすなろ集」に昇級している。
本来の実力なら、もっと早く昇級していてもいいのだろうが、
欠詠があったためだろう。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -