5月8日

2012/05/08

淑徳のゼミの日。
第三限。
欠席者多し。
36首詠の批評をやっているが、
肝心の批評対象者が風邪で欠席なので、
予定を変更して、
一人に絞り、批評をする。
つまり、今日の出席者全員で、
Tさんの36首詠を批評する。
やってみて、こういうのもいいなあとは思った。
帰りに中日新聞社の
文化事業部に寄る。
新しい担当者と初めて会う。
以前も文化事業部でこの仕事をしていた方で、
春日井建さんとは面識があるとのこと。
また中日歌人会の古参の方々については、
ぼくよりもよく知っているという感じだった。
新しい担当者がどんな方か心配していたが、
こういう方なら安心してお願いできると一安心。
ジュンク堂まで歩く。
短歌の棚を見て、愕然とする。
角川の「短歌ライブラリー」が一冊もない。
これはやばいなという感じ。
棚がある時点から動いていない感じ。
多分、ぼくの直感だとスタッフが変わってしまったのだ。
今日はそれを確認する余裕がなかったので次回確認したい。
こういう棚を見ると、
ちくさ正文館の棚がいかに凄いものか分かる。
ということで、
そそくさとジュンク堂を出て、
三省堂に行く。
さすがに「短歌ライブラリー」は置いてある。
でも、高野さんのだけ。
まあ、こちらは最初から期待していない。
仕方ないので、酒井順子の『女流阿房列車』を購入。
車内で読み始める。
無茶苦茶面白い。
酒井さんはのり鉄なのかな。




スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -