火星の庭

2012/06/26

大口玲子さんの第四歌集『トリサンナイタ』(角川書店)が届く。
こんな歌を見つけた。

・一時間六百円で子を預け火星の庭で本が読みたし

別にシュールな歌ではないが、
知らない人にはシュールな歌なのかもしれない。
「火星の庭」とは何か。
仙台市青葉区にある
ブックカフェの名前である。
古書店兼喫茶店である。
ぼくも一度行って、
コーヒーを飲み、本を買ったことがある。
もちろん震災前で、もう6年ほど前になるかな。
また行きたい店である。
こんな歌もある。

・帰省してわが多摩川を見せやれば子はよろこびてヒロセガワと言ふ

仙台に育った子なら、
大きな川は広瀬川しかないだろう。
さて、この子は、
今後広瀬川を見ることはあるのだろうか。
ご主人は仙台在住だが、
大口さんと息子さんは、
今は宮崎にいる。
俵万智さんが
石垣島にいるのと同じ理由だ。

この歌集の第三章は、震災後の歌である。

・水、電気、ガス止まりたるを言ふわれに「津波と原発」と夫は苛立つ

・被災地とはここなのかわれは被災地に居るのか真闇にラジオ聴きつつ

・食べ物を探してくると夫は出かけめんつゆの一本を買ひ戻りたり

・許可車両のみの高速道路からわれが捨ててゆく東北を見つ

・ゆく春の東北よここで生まれたるわが息子を覚えてゐてくれよ

・家が無事なのに仙台を離れたといふやましさをぽちりともらす


スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -