『サラダ記念日』

2012/07/06

今日は淑徳の長久手キャンパスで
「現代短歌」の講義。
車で50分程度かかるので、
いつもNHKの「すっぴん」を聞いている。
パーソナリティーが高橋源一郎なので、
なかなか面白い。
「源ちゃんの現代国語」なるコーナーもあって、
先週は何と現代短歌。
登場したのは、もちろん穂村さんとか今橋さん松木さん斉藤さん。
明らかに傾向があります。
今日の話題はOEDだったので、
気楽に聞いていた。
そして、9時55分近くになったら、
10時過ぎからのインタビューのコーナーのゲストが
俵万智さんというではないか。
えっとびっくり。
というのも、
今日の講義のメインは俵さんの歌なのだ。
なぜ俵さんかなと思っていたら、
『サラダ記念日』が出されてから、
今年で25年ということだった。
そうか、もう25年経ってしまったのだ。
学生に見せるつもりで、
『サラダ記念日』の初版本も用意してきた。
しかしながら車は10時前には駐車場に着いたので、
ラジオは結局聴けずじまい。

それで講義の冒頭でこのことを話題にしたら、
ある男子学生が、
「先生、今日は七月六日ですよ」と言うではないか。
そうだ、今日は七月六日だ。
それで、ゲストに呼んだのだ。
今年の学生はなかなか侮れない。
講義は、
角川短歌賞受賞作の「八月の朝」を丁寧に読んだ。
言いたかったのは、
俵さんの歌を単純に口語の歌と考えてはいけないということ。
まあ、幸綱さんの影響が相当濃い歌なのだ。

そして、講義が終わったら、
ある女子学生が
「先生、今日私の誕生日です」と言うではないか。
なんか落ちがついたような感じの講義であった。


スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -