「東海の文芸」欄

2011/05/31

何人かの方から、
「朝日新聞」の夕刊の「東海の文芸」欄に
取り上げられていますよという連絡をもらう。
荻原さんが書いてくれたんだということは分かった。
しかし、我が家は「中日新聞」とか購読していない。
ということで、
今日淑徳の星ヶ丘キャンパスの図書館で読んだ。
「朝日新聞」の5月28日の夕刊。
もちろんコピーもとる。
ポイントは二つあって、
一つは「これまで見たこともない現代短歌の俯瞰図」という
捉え方。
もう一つは、
「おのずと秀歌観の回復に向かっている」という捉え方。
どちらも、
ぼくにとっては、非常にありがたい指摘である。
特に「秀歌観の回復」という指摘が嬉しい。
調子に乗って、一言言えば、
総合誌等で話題になるのは、
秀歌ではなくて、問題作。
しかも、その問題作が
あちこちで話題になるだけで、
結局問題作以外の歌は、
忘れ去られてゆく。
いい歌は、たくさん詠まれているのだから、
そういういい歌を探し出して、
話題にしたほうが、
短歌の現在にとってはよほど意義のあることだと
ぼくはこれまで思ってきた。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -