いかがなものか

2012/09/09

「塔」9月号の「誌面時評」を読んでいかがなものかと思った。
執筆者は紀水章生という人。
「塔」7月号の誌面について書いている。
内容については特に問題はない。
しっかり書いている。
では、何がいかがなものか、というと、
言葉遣い。
私の最も嫌いな言葉遣いを発見。
時評の文章に、
こういう言葉遣いは、
いかがなものかと思った次第。
では、その箇所。

「わたし的に一番好みだなと思ったのは、」

「わたし的」はいけない。
ホームルーム日誌なら許せるが、
「塔」の「誌面時評」ではまずいでしょ。
それとも、こんなことを書いている私は、
もう相当古いタイプの人間なのかなあ。
私が書くなら、
「私が最も優れていると思ったのは」
と書きますが。

それにしても、何かいちゃもんつけているような気がしてくる。
これもそれも腰が痛いせいかな。
とにかく身動きがとれない。
今日も本当は名古屋に行く用事があったが、
名古屋はバリアフリーの遅れている街なので、
断念した。
無理をして、16,17日の大事な
行事に出席できなくなったら、
それこそえらいことです。



スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おだいじになさってください。
 
わたし的にも文章語としては問題ありだと思います。

ぼく的、じゃなくてよかったですけど。

No title

「ぼく的」でしたら、
当方切れていたでしょうね。
腰は、一進一退。
何とか会報に向かっています。
いや、「快方」に向かっています。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -