『歌日和』

2013/02/08

大森益雄さんの第三歌集。
年齢的にはぼくより少し上。
まあ、ほとんど同世代。
ということで、歌の内容はとてもよく分かる。
同世代の強み。
でも、分かりすぎるのも何だかという気はしますが。
こんな歌があります。

・『天平の水煙』といふ高みへし枝折りを挟みつつのぼりゆく

『天平の水煙』は高野さんの歌集。
「高み」という表現にびっくり。
でも「高み」なのかなあ。
次の歌は、
そう言われればそうかなあという歌。

・短歌とはわが自画像の一刷けきのふ一刷けけふも一刷け

ぼくの場合は、
しかし、「きのふ」「けふ」と続かないこと。
困ったものです。
締切に支えられていると言っても
過言ではありません。
ああ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -