礼状

2013/02/27

今日、福岡の大野展男さんから礼状をいただく。
あれっと思いましたが、
文面を読んで分かりました。
ぼくがコスモス創刊60周年第一記念号に書いた
「コスモスの歌風」と題する評論で、
「コスモス」創刊号掲載の大野さんの歌を
取り上げたことへの礼状でした。
6頁分書きましたが、
とにかくコスモスの60年をたどるのですから、
大変な作業でした。
でも、こうして礼状をいただけると
嬉しいですね。
書いた甲斐があったなあとつくづくと思います。
大野さんの歌は、こんな歌です。

・晩餐ののちの灯りをひくく下げ寡黙にて妻がひとの毛糸編む

まさに戦後まもない頃の歌です。
でも、「妻が」は新しい感じがします。
とにかく60年という歳月の重さを
感じてやみません。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -