読了

2013/04/18

発売日の12日に購入した
村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
をようやく読み終える。
感想はたったひとつ。
読者という立場もなかなかつらいものがあるなあ。
いいなあと思った一文のみ紹介する。

「人の心は夜の鳥なのだ。」(260頁)
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30