儲けもの

2013/05/20

久しぶりの更新です。

最近は、本を手に入れても、
読んでみて、どうも損をしたなあという感想しか湧かないことが多いが、
四方田犬彦の新刊『ひと皿の記憶』(ちくま文庫)は、
儲けものだとつくづく思った。
そもそも書き下ろしということに気づかないで買った。
副題は「食神、世界をめぐる」だから、
要するに食べ物についてのエッセイ。
それが、四方田の自分史と絡めて
語られるから、面白い。
在りし日の若桑みどりさんや
須賀敦子さんも登場する。
日本から始まって、
韓国、台湾、中国、
タイ、インドネシア、モロッコ、
もちろんイタリア、フランスなどの
食について語られる。
ロシアとかアメリカはなかった。
とにかく840円(税別)で
これだけ楽しめる本は、
最近ではあまりない。


スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -