続 儲けもの

2013/05/22

今回も筑摩書房の本。
筑摩選書の新刊『明治への視点』です。
副題はこうです。
「『明治文學全集』月報より」。
つまり『明治文學全集』の月報に掲載された
「明治への視点」を一冊にまとめたものです。
執筆者は60名強ですが、
とにかく錚々たるメンバーです。
錚々たるメンバーが執筆した文章を読めるということ、
さらに500頁という大部なのにもかかわらず、
値段が何と税別2000円という安さ。
講談社文芸文庫はいつも高いなあと思って買うが、
こちらは、本当に得したなあという感じ。
さらに、ぼくにとって、実に嬉しいのは、
森銑三さんの文章が五篇も入っていること。
これだけでも満足なのだが、
とにかく読み応えのある文章ばかりなので、
毎日厚い一冊を眺めて
ひたすら悦に入っています。
ただ、一つ難点があります。
何と初出が明示していない。
この文章が、
『明治文學全集』のどの巻の月報に掲載されたのか
分からないのは、不親切。
知りたかったら、『明治文學全集』を見よということかしら。
ぼくはたった2冊しか持っていない。
まあ、図書館で調べるしかないですね。
今さら、全巻揃えるなんてことは、
スペース的にムリですから。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -