8月3日

2013/08/03

「綱手」8月号が届く。
井上美地さんの連載「歌のある風景」は、
「「ぎしぎし会」の黒子」と題して、
野場鉱太郎さんについて書いている。
「ぎしぎし」のスターは、出崎哲朗さんだが、
野場さんは、ご自分を出崎さんの黒子として
位置づけていたとある。
そうなのかあというのがぼくの感想。
そんな気もしていたというのが、ぼくの本音かな。
と言っても、ぼくは野場さんにお会いしたことはなく、
鈴木定雄さんから、
在りし日の野場さんについて教えていただいただけだが。
その定雄さんも亡くなられた。
野場さんの奥様も亡くなられた。
もっと悲しいことは、
お嬢さんも数年前に亡くなられた。
一人娘だった。
愛知県の国語教師としては、
ぼくの後輩になる方だ。
「ぎしぎし」のことを語ることのできる人も
もう井上さんしかいないのかなあ。
井上さんは「ぎしぎし」では、浅尾逸子で登場していた。
井上さんの文章を読みなから、
なぜか寂しい記憶ばかりが湧いてならなかった。

今日は娘の結婚式。
一生で一度だけの体験もしたが、
足の運びもきちんとできたし、
水分の漏出も最低限に収めることができた。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -