「うた新聞」9月号

2013/09/09

「うた新聞」9月号が届きました。
巻頭評論を「口語の水脈」と題して、
小島ゆかりさんが書いてます。
それから三面の「今月のうたびと」欄は、
田中愛子さんが「秋の水深」12首を
発表しています。
いいなと思った歌を。

・盆ののち生きて食ぶるわれのため供物のらくがん餡入りを選る

ぼくも餡入りのほうが好きですね。
でも、そもそも落雁を食べる機会そのものが
ほとんどないですね。

・髪染むることをやめたる老い母は秋の水深はかるごと歩む

この号には田中さんの第二歌集『傘に添ふ』の歌集評を
沖ななもさんが書いている。
温かい批評だ。

なお、小生も、
特集の「作品鑑賞と自歌自註」に、
短文を載せています。
かつて「桟橋」の批評会で、
あわや理解不能の連作と断罪
されかけた作品を高野さんに救って
いただいたことを思い出して書きました。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -