一首のものがたり

2013/11/29

 東京新聞の文化部の加古陽治さんが、月に1回程度「中日新聞」の
夕刊の文化欄に「一首のものがたり」という短歌に関わるエッセイ
を書いているが、11月27日の「中日新聞」の夕刊 を見てびっ
くりした。
 最初は、今月は誰を取り上げたのかなと思って、読も
うとしたのだが、何とわがコスモスの桑原正紀さんと奥様の房子
さんをとりあげられているではないか。
題して「倒れた妻へのラブレター」。
とりあげた一首は次の歌。

・夕焼けに照らされてゐる妻の顔まぎれなくいま生きてかがやく

 慌ててひたすら真剣に読み通した。実にありがたい内容だった。
奥様が東京の私立北豊島中学・高校の校長職であったときに、
脳動脈流破裂で倒れてしまう。
 その後の桑原さんの献身的な介護について述べ、また奥様が
倒れるまで現場の教師としていかに生きてきたのかを掘り下げて
書き、非常に感動的な内容になっている。桑原さん本人、奥様以
外に、教え子の方まで取材して丁寧に書いているのは実に嬉しい。
とことん生徒に教師として向き合ってきた房子さん、ひたすら奥
様の看護、介護に努めた桑原さん、それぞれを本当に心を込めて
書いている。
加古さん、いい仕事をしたなあとつくづく思う。
コスモスの仲間達にぜひ読んでもらいたい。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -