7月10日

2011/07/11

コスモス短歌会の合同出版記念会の日。
11時前に東京駅に着く。
会場に行く前に、
丸の内オアゾの丸善に行き、
本を物色したあと、昼食を4階の喫茶の店でとる。
そのあと、八重洲地下街を抜けて会場に向かう。
途中の古本屋で、
田谷鋭さんの評論集『白秋周辺』を見つけて購入。
800円は安い。
会場には、12時15分ころ到着。
12時半より、
16名の歌集・歌書の批評が行われる。
ぼくの評論集の批評は、大松達知さんが担当。
準備が大変だったと思う。
なお、その内容については、
7月11日の大松さんのブログに詳しい。
アドレスは以下のとおり。
書影もしっかり掲載されていて嬉しい。

http://pinecones.cocolog-nifty.com/blog/

ブログには残部僅少とありますが、
ぼくの手元は少ないのですが、
版元の六花書林には、
まだ相当数あるはずです。

高野さんの『うたを味わう』の批評は、
桐の花賞を受賞した小島なおさんが担当しましたが、
実に初々しくてよかったですね。
レジュメは箇条書きでしたが、
要点をしっかり把握した話しぶりで感心してしまいました。

懇親会は、5時過ぎから始まり、
6時半過ぎには終わりました。
二次会は、居酒屋北海道というところで、
8時半過ぎまではいましたが、
9時ののぞみに乗るために途中退席。
家に着いたのは、11時半過ぎ。
なかなかハードな一日でした。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -