貧困旅行記

2014/06/18

午後から名古屋市短歌会館で勉強会。
その後、伏見駅までの連絡通路にある古本屋に寄る。
今まで素通りしていたので、
今日はじっくり眺める。
眺めれば、当然買うことになる。
新潮文庫を2冊買う。
一冊は、つげ義春の
『新版 貧困旅行記』。
帰りの車内でパラパラと見ていて、
二つのことに驚いた。
一つは、名取市の閖上の写真があったこと。
昭和50年の3月につげが撮影したもの。
当然、この写真に映っている家々は、
あの震災で悉く流されてしまったのだが。
もう一つは、こんな誤植が273頁にあったこと。

子供へのサービスに伊那上野の忍者屋敷を見に行くが、
まったくの子供だまし。

「伊那上野」という誤植が文庫になっても残るというのは、
いくら何でもという気がする。
ひょっとして確信犯なのだろうか。
もちろん、つげさんが。

ところで、
名古屋市短歌会館を出る時に、
会館の方に、
昨日から募集を始めた「夏の短歌塾」の
申し込み状況を聞いたところ、
なんとなんと、
8月3日も10日も、
もう30名前後の応募者があるとのこと。
定員45名だから、
二日間で三分の二が埋まってしまったということになる。
これは大変なことになってしまった。
会館の方は、
これは嬉しい悲鳴ですよと言っていた。



スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -