今日の新聞

2014/06/29

今日の「日経」の文化欄のエッセイは、
小説家の佐藤洋二郎が書いている。
タイトルは「敵は女子会」。
佐藤は、ぼくより一歳上なので、
以前から気になってはいたが、
小説を読んだことはない。
時折エッセイを読むくらいだ。
今日のエッセイは、少し身にしむ内容があったので、
紹介する。

「いずれにせよ、歳と共に波風の少ない生活になって
きたが、人生は案外とあっけない。多くのつらさや哀し
さの中に、ほんのわずかな愉しみや喜びの光明を見
出して、また苦衷の道を歩くのが、わたしたちの人生
ではないか。それには辛抱も忍耐も必要なのだ。」

こういうことが少しずつ分かりはじめて、ぼくたちは、
老いというものに親しんでゆくのかなと思う。

「朝日」の読書頁のなかにある「著者に会いたい」は、
何と大島一洋さんだった。
もちろん面識はない。
しかしよく知っている人だ。
大島史洋さんのお兄さんだ。
ご両親の介護のために実家のある
中津川に戻っているということは知っていた。
今回その介護についての本を出されたのだ。
題はそのものずばりの『介護はつらい』。
写真も掲載されているが、
史洋さんとはにていない感じ。
記事を読んでいて、一度手に入れて読んでみたくなった。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -