野呂邦暢 随筆コレクション

2014/07/02

昨日名古屋で夕刻より会合があったので、
ちょっと早目に出て、駅前のジュンク堂に行く。
みすず書房から出された野呂邦暢の随筆コレクションがあれば、
手に入れようと思ったから。
幸い「随筆コレクション 1」の『兵士の報酬』があったので、
購入することにした。
しかし、しばし逡巡はあった。
なぜなら、この本は高い。
税別で6800円。
それでも、野呂の随筆の魅力には
抗しがたい魅力がある。
書棚から手にとって、
さあどうしようかと思いつつも、
結局レジに向かった。
2の『小さな町にて』は、
もう少し経ってから購入することにした。
こちらも税込みなら7000円を超すので。
まずは1を読むことに専念する。
とにかく1と2合わせて460編だから、
並大抵のことではない。
この夏の読書は、
この2冊を読み切ることに決めた。
では、おまえは歌集を読むのを放棄するのかという
おしかりの言葉がとんできそうだが、
もちろん歌集を読むことは当然。
もうルーティーンです。
歌集を読む以外の読書の目標ということ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -