7月21日中日新聞朝刊

2014/07/21

今朝の「中日」の一面を見てびっくり。
高野さんの写真が掲載されている。
俵万智さんも。
何事か。
見出しを見る。

「いまあることをなかったことにできるのか」

「詩歌で批判、6人の作品」

そしてよく見ると「再稼働を問う」とある。
分かった。
「中日」が「再稼働を問う」という特集を組んでいるが、
その一環として、6人の作品を掲載したのだ。
掲載面は、14面、15面。
つまり見開き2頁。
しかもバックのカラー写真は、被災した福島の光景。

高野さんは「毒性発電」題する4首を載せている。

・海べりの処々に原発を隠しいてウランの臭う平成列島
・原子炉の毒性発電停止して今にっぽんは〈平静〉列島
・神の手が都市の灯りを消してゆき月下に咲(ひら)く泰山木の白
・電力の〈おもてなし〉終え原発はたんに巨大な〈毒の城〉となる

なぜか現代仮名遣いですが、
多分新聞社の要望でしょう。
より多くの方達に読んでもらいたいという意思表示でしょう。
この4首は、新聞の要請で詠まれたというより、
今までずっと高野さんは、原発の歌を詠んできたわけで、
それらの作品を読んでいれば、
この4首もその延長線上にあることは自明でしょう。
確認されたい方は、拙著『高野公彦の歌世界』を読んでいただければと思います。

高野さん、俵さん以外の方は、
アーサー・ビナード、和合亮一、湯川れい子、若松丈太郎。




スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30