7月22日

2011/07/23

京都のIさんからメールが届いた。
Iさんは、京都市内にある出版社の営業担当。
若い時からお世話になっていた。
年齢は、ほとんど同じだから、
退職されたのだろうと思っていた。
不確かだが、年が明けてからは、お会いしていないと思う。
メールでは、2月に退職されたとのこと。
それで、本題は、
先日
この日記で話題にした京都新聞のことで驚かれたとのこと。
何とIさんは、最近は川柳をやられていて、
この前話題にした京都新聞の
「柳壇」に投稿句が掲載されたとのこと。
それで、その下の吉川宏志さんの文章を読んで、
ぼくが評論集をだしたことを知り、
手に入れられたとのこと。
こんなことが書いてありました。
それで、
件の京都新聞の「柳壇」を見たところ、
確かにIさんの川柳が掲載されていました。
というより、Iさんの名前がありました。

Iさんは、退職後病気になられたとのこと。
今は回復されたとのことだから、
安心したが、
さて、また会う機会があるのかなあとつくづく思う。
人と人との出会いは、
一期一会なのだが、
まさにその「一期一会」を
しみじみと噛みしめるメールだった。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -