講演

2014/11/08

名古屋市短歌会館で講演。
演題は「古典と現代短歌」。
うーん、やけに難しそうなタイトル。
もちろんやむなく選んだテーマ。
会館が、11月1日の古典の日に絡めてイベントを
行いたいというので、賛成したのはよかったが、
まさか自分が講演をする羽目になるとは思わなかった。
1時30分から3時まで。
何とか90分をしゃべりきる。
内容は、歌人たちが、
どのように古典を受容し、
それを作品世界に反映させたかというもの。
もう少しすっきりしたストーリーがほしかったが、
初回なので、この程度でよしとしよう。

終了後、土曜日なのに、
地下街のイベントの関係で営業している喫茶店に事務局の人たちと
行き、しばし歓談。

帰りに、ジュンク堂で、2冊購入。
1冊は注文しておいた
高野文子さんの『ドミトリーともきんす』。
もう一冊は、有働由美子さんの『ウドウロク』。
最近女性の著作を買うことが多い。
男性の書き手に、あまり魅力のある人がいないのかな。
多分、ぼくの好みが偏ってきているのだろう。
『ウドウロク』を読み始めたが、なかなか面白い。
簡潔な文章だが、味がある。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30