雑誌のこと

2014/12/09

「雅歌」61号。
先週届いたが、
何と「あとがき」は雨宮雅子さんが書いている。
ということは、この号の編集後に急逝されたのだろう。
来年4月の62号が追悼号となるという「お知らせ」が
記載されている。

「綱手」12月号。
一頁に田井安曇さんの訃報が掲載されている。

「去る十一月二日 午後四時二十五分
「綱手」主宰 田井安曇(テモテ 我妻泰)が帰天いたしました。」

洗礼名が記されているのには少し驚いた。
今後についての記載はない。
1月号で多分、今後の方針が示されるのではないかと思う。

「ES 風葬の谷」。
山田消児が「父は生きていた―新人賞選考委員の憂鬱」と題する
評論を書いている。
例の石井君の問題について、
かなり精緻に、しかも論点を明確にして書いている。
巻末に30号で終えるとある。
つまり来年の11月号が最終号。
また一つ同人誌が消える。

「立命短歌」第2号。
11月24日発行。
濱松くんが評論を二篇書いている。
読んでみよう。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -