「コスモス」2月号

2015/01/19

「コスモス」2月号で出逢った歌を少し紹介する。
まず宮英子さんの歌。

・あんみつがたべたくなれば杖プラス車椅子でゆく近くのカフェへ

「杖プラス車椅子」と詠むのがすごい。まもなく98歳になられる。
いつまでも若い歌を詠まれる。

狩野一男さんの歌。

・馬鹿だなあバカだなあ安部政権になめられちやつて、我々みんな

そうか、彼は国民をなめているのだ。
影山一男さんの歌。

・みな若くひたむきなりし歌と文ガリ版刷り「棧橋」二十八冊

ぼくもガリ版刷りの28冊を持っている。宝物。
木畑紀子さんの歌。

・亡き夫君いますがに棚に並べありしリラダン全集、帆船模型

昨秋亡くなられた雨宮雅子さんのお宅をかつて訪れた際の体験
を5首にまとめている一連の中の歌。「亡き夫君」とは、竹田善四郎
氏。雨宮さんと竹田さんとでかつて「鴟尾」という雑誌を出していた。
そう言えば、小中英之さんも作品を載せていた。
「鴟尾」に竹田さんが連載していた文章はもう日の目を浴びることは
ないのだろうか。


スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -