五黄の寅

2015/01/26

 杏ちゃんの新刊『杏のふむふむ』(ちくま文庫)を読んでいてびっくり。
「五黄の寅さん」というエッセイを見つけたので、
その頁を開いてびっくり。
書き出しはこんなふう。

「二〇一〇年。
 寅年に生まれた私にとって、二度目の年女を体験する一年が
やってきた。
 寅はトラでも、三十六年に一度のいわゆる「五黄の寅」にあたる
年に生まれた私は、その言い伝え――この年に生まれた人は強い
個性を持ち、特に女性の場合はその強さのあまり、お嫁にいけない
という伝承がある――を小さい頃から聞かされて育った。」

そうか、杏ちゃんも「五黄の寅」か。
ぼくも五黄の寅年生まれ。
つまり、杏ちゃんより三十六歳年上ということ。
ぼくも昔から「五黄の寅」「五黄の寅」と言われてきた。
もちろん、このエッセイの面白いのは、
ここを発端にして、年賀状のデザインをどうするかという
ところ。そのデザインの結果も載っている。
ぜひ書店で立ち読みしたもらいたい。
ここまでやるかと誰でも言いたくなる。
でも、杏ちゃんはやっちゃうんだよね。
なお、この文庫の解説は、
何と村上春樹。
嘘とお思いの方は、
どうぞ書店で手にとってください。


スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -