「塔」1月号

2015/01/27

新体制による第一号とも言うべき
「塔」1月号が届いた。
表紙を見てとにかく驚いた。
これは短歌の雑誌なのか。
いや、「塔」という建築関係の雑誌なのではないのか。
あまりに斬新なのだ。
表紙の字が「塔1」となっているから余計にそう思う。
いやあ、とにかくかっこいい。
短歌の雑誌もここまで来たかと、あきれるしかない。
吉川さんの「主宰就任挨拶」によれば、
表紙やカットは、すべてデザインディレクターに依頼したとのこと。
そういうことかと、納得。

さて、頁を繰っていって、こんな歌を見つけて嬉しかった。

・三ノ宮の古書店のワゴンの中に初井しづ枝の『花麒麟』みつけし
・『花麒麟』わが抱き締めたき心地する姫路に生れし多磨の歌人を

作者は古林保子さん。
初井しづ枝は、多磨の歌人ではあったが、
宮柊二の「コスモス」創刊に参加し、
コスモスにとっては大切な歌人である。
他結社の雑誌に、こうしてコスモスの大切な歌人が詠まれるというのは
本当に嬉しい。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30