「図書」8月号

2011/08/02

「図書」8月号の巻頭のコラム欄「詠む人・書く人・作る人」で
永田和宏さんが書いている。
「作歌を支えたもの」という題。
もちろん河野裕子さんの話題である。
最後の段落を全文引用する。

「死ぬ日まで歌を作り続ける者だけを歌人と呼びたいというのが、
年来の私の自説であったが、まさに河野裕子は死ぬ日まで歌を作り
続けた。歌は、生の言葉で伝えるよりはるかに陰翳の深い思いを残
しうるのだという思いが、そうさせたのだったろう。そして、家族
の誰もが自分の思いを歌に読みとってくれるはずだという絶対的な
信頼が、最後の日まで、彼女の作歌を支えていたのだと私は思う。」

多分、これは永田家だけの特殊な事例だと思う。
でも、長い短歌の歴史で希有な家族として、
記憶されることは間違いない。
それにしても「死ぬ日まで歌を作り続ける」
というのは、
途轍もないことだと思う。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -