続 安立スハル

2015/05/15

安立スハルさんの経歴を記しておきます。
『現代短歌大事典』掲載のものです。
なお、「安立スハル」の項目の執筆者は、小生です。

◎安立スハル(一九二三・一・二八~二〇〇六・二・二六)
 京都市東山区山科御陵山ノ谷生まれ。一九四〇年、府立桃山高等
女学校卒。四〇年から四四年まで大丸京都店に勤務したが、最初の
二年ほど勤めて、後は肺結核のため休職。四四年から四六年まで、
伏見警察署保安課勤務。四六年秋頃から四九年春まで洋裁店経営。
四九年四月、肺結核再発。以後長年にわたって療養生活を続けた。
五二年に岡山に移り住む。四一年、「多磨」に入会。
四九年、宮柊二に初めて会い、指導を受けるようになる。五三年、
「コスモス」創刊に参加。第一歌集『この梅生ずべし』を一九六四年に刊行。
     (三省堂『現代短歌大事典』より)
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -