東海の文芸

2015/10/01

昨日の朝日新聞の朝刊の「東海の文芸」欄で、
第二歌集『游渉』を取り上げていただいた。
執筆者は荻原裕幸さん。
かなり褒めてくださっているので、
ちょっと褒めすぎですよと言いたいところ。
こんな一文があって、嬉しかった。

「過剰なほど地味な文体は、
熟練の結実なのだと思う。」

確かに地味そのもの。
前衛短歌が持ち込んだものは、
ほとんど無視。
なぜこうなったかはよく分からない。
まあ、一つ言えるのは、無理をしたくなかった。
無理をして、背伸びをして、
得られるものはないなとは思っていた。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -