柏崎さんの歌

2015/11/22

このところ、柏崎さんの歌を読み返している。
今は『四月の鷲』。
第四歌集。
こんな歌が実にいい。

・モンゴメリ読み飽かぬ子よきのふより黄色のゴムに髪を結はへて

何も言う必要はない。
こんな歌はどうか。

・薬草を煮る土瓶手に妻は言へり方代さんのより汚いね

「方代さん」はもちろん山崎方代。
実は次に記す詞書きがある歌。

山崎方代随筆集「青じその花」に「土びんの話」あり

さて、次の歌。
こういう思いにならないといけないと思うが、
道はまだまだ遠い。

・歌一首つくりて寝るは山径に木の実ひとつを拾ふ幸に似る

こんなふうに歌を詠むことができたらなあとつくづく思う。

こんな歌もある。

・歌書きて三十五年過ぎにけり大いなる徒(むだ)でなければよいが

ぼくももう40年以上、歌を詠んでいる。
柏崎さんの場合は、歌は「書く」のだ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -