『よこまち余話』

2016/01/29

木内昇の新刊『よこまち余話』(中央公論新社)を読み終えた。
戦争に近づきつつある東京の下町が舞台なのかなと
推測するしかないほど、
具体的な地名はほとんど出てこない。
しかし、とにかく懐かしい。
話も懐かしい、文そのものも懐かしい。
こういう文を書ける現代の作家を、
ぼくは残念ながら知らない。
少年があの世から来ている二人の女性と
交流しつつ成長してゆく数年間を描いていると言えば、
一応間違いではないだろう。
まあ、とにかく読んでみてください。
懐かしい、あの時代に出会えますよ。
ところで、実は、
ぼくは木内昇は、まだ2冊目なのだ。
直木賞受賞作も読んでいない。
そうそう、書き忘れていた、
朔太郎の『青猫』からの引用が
載せられているが、
これが実にいい。
見事な引用だ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -