多治見市文芸祭

2016/02/28

今日は、多治見市文芸祭の表彰式。
一般の部の短歌の選者をしたので、出かけた。
多治見という町に、実は、ぼくは一度も行ったことがない。
ということで、見るもの、聞くもの、すべて新鮮で、
良い一日を過ごせた。
懇談会を15分程度、その後昼食。
13時より表彰式。
14時少し前より講評会。
すべてを終えて、多治見駅で乗ったのが、
15時37分の快速。

文芸祭賞に選んだのはこの歌。

・断られ又断られ頼まれし縁ととのわず夜道時雨るる

まさに少子化の時代を象徴しているような作品。
講評会で作者の方にお聞きしたところ、
7組の縁談をまとめられたとのこと。
ところで、
この多治見の町は、
現在NHKで火曜日に放映されている
「愛おしくて」の舞台になっている。
それで、ご挨拶のつもりでこのドラマを話題にした。
みなさん、見ているようだ。
そこで、披露したのが、
このドラマの重要な要素になっている有松しぼりについてで、
このドラマの有松しぼりの監修をしている方は、
コスモスの歌人のご主人ですよと話す。
さらにドラマに登場する有松しぼりの作品も
その方の手によるものですよと話す。
まあ、短歌とは関係ないが、
挨拶としての話題にした。

ドラマのほうは、
今度の火曜日が最終回。
当然、二人は、親父さんの作った舟に乗るわけだが、
舟が着いたところに、
思いがけない人があらわれるという予告があった。
さて、誰が現れるのだろう。
楽しみだ。

帰りに「うながっぱ」の冠のついた和菓子を買った。
「うながっぱ」は、ユルキャラにもなっていて、
表彰式の会場のある建物で最初にお目に掛かった。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -